« さくら 咲くまえ | トップページ | 紫陽花の塩瀬 »

さくらにまぎれて

344a3439b50
ふるえるように寒い日でした。

前日からの雨が朝はまだ残り、空はくもっています。

雨用の小紋をにするつもりでしたが・・・・・

344a3440b50
土壇場で気が変わりました。

たれものを苦にしててどうする。

ドレープに落ちる分、やせてたときより味方なはず。

そして、さくらのいろにまぎれてみよう。

344a3443b40

源氏香の雨コートで出かけました。

もうじき、帯付。

一年を通して麻の帯枕ですが、らしく結べるといいな。

344a3441b50

・・・ところで、履物が赤信号です。

天気がいまいちなので、おしげのないのにしようと、以前のを履いて出たのですが。

二度、戻りました。

帰宅した夫が玄関にあふれる下駄にたまげてましたが、

要するに、信頼できない。

途中で鼻緒が、とか 板にひびが?なんて思いだしたら、もうだめです。

なにより、はきごこちがわるくて。

足元をけちって、ころんだらもう後がない。

しかたがない、

友人を誘って、浅草に出かけてみましょう。

« さくら 咲くまえ | トップページ | 紫陽花の塩瀬 »

まい こーで 春」カテゴリの記事

コメント

さくらにまぎれて・・・ホントそんなお色のお着物で
ひげ紬に春蘭の柄でしようか、春らしくて
素敵な装いですね。

履き物は私もトラウマになっています。
心配しだしたらきりが無いのですが、やっぱり
不安ですね。

>春蘭
はい、その通りです。

さくらのころのピンク色も、いいものですね。
陽花さまもお召しになられていたのでがんばってみました。
 
毎日履いていないだけに、どれだけ劣化がきているのかがわかりづらいですよね。
わたしは、スノーブーツでやりました。
街に履物屋さんが姿を消しているのも自衛せざるを得ない一因です。
替えを持って歩きたいくらいで、なんのためだか、わからないですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さくら 咲くまえ | トップページ | 紫陽花の塩瀬 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ