« 春色紬で | トップページ | さくらにまぎれて »

さくら 咲くまえ

Dsc_0628b_2

ほんとうは 気分はピンク、だったのですが・・・・・

Dsc_0630b_2

はっと気がつくと 押していて、着なれた大島に手が伸びました。

Dsc_0629b_2

帰宅したらもうくたびれはてて、画像はこれっきりです。

帯は猫の綴れ、帯揚げと帯締めは蘇芳

襦袢だけは濃い桃色、そうそう

半衿は遊工房さんで染めていただいた桜色です。

 

まがりなりにも 月一度着つづけていると、違う組み合わせにしなくちゃという強迫観念がうすれてきました。

ふだんから和のきれにつつまれるようになって、充たされたのもあるかもしれません。

それより、季節にとらわれすぎず、自分らしくあるほうがいいかな、と。

もともと、庶民は、一張羅だったんですから。。。ね。

 

« 春色紬で | トップページ | さくらにまぎれて »

OHSHIMA」カテゴリの記事

まい こーで 春」カテゴリの記事

コメント

こういう限られたスペースでは着なれた着物が
楽でいいですね。
髪型もすてきです。

くろっぽすぎて、なんかなぁとも思ったのですが
自分が気にするほど、他人はみていませんよね(^o^)
 
ありがとうございます。
そろそろ美容院に行かなければなんですが、ずるずるとのびています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春色紬で | トップページ | さくらにまぎれて »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ