« ガラスの森美術館にて | トップページ | 銀座、浅草、東京駅一番街 »

藤袴のかさね

_mg_3970b

お昼をたべに出ておいでと・・・・・・    

そろそろ歩く練習もしなければと、夫が誘ってくれました。

せっかくだから、きもので行こうかな、と。

_mg_3973b

急なことで、何も考えていません。

季節のこと、顔うつり、短い時間で迷った末、吉野以来のよろけ縞に。

帯は、そういえば、前回のごほうび、まだ締めていなかったのを思い出しました。

襦袢はもちろん麻、足袋はさらし裏のキャラコです。

_mg_3978b

心配した紐のあたりもなく、ほっとしました。

襦袢の上は伊達締めで、コーリンベルトを使うゆる着付けですもんね。

ただ、足袋はすこしサイズアップしようかと気になります。

画像は、夜帰宅してから。

また着られて、うれしい。

« ガラスの森美術館にて | トップページ | 銀座、浅草、東京駅一番街 »

まい こーで 秋」カテゴリの記事

コメント

艶のある素敵なお色の紬ですね。
このお色よくお似合いですね。
ご主人様お優しい!

奈良でお会いした時に着ていたあの紬です。
あのあと、雨にあたったので、丸洗いに出してそのままだったのを引っぱり出しました。
なかなか気むつかしい子なんですが、着なれないとなおさらですね。
洗ってすこしはやわらかくなったかと思ったのですが、まだまだハリがあります。

病気がわかってから、すごく優しくしてくれてます。
してもらってばかりで申し訳ないくらいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラスの森美術館にて | トップページ | 銀座、浅草、東京駅一番街 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ