« たなばた☆雨ながれ | トップページ | ガラスの森美術館にて »

夏が過ぎていく

_mg_3678b
袖を通さないうちに 季節がかわる

 

背すじがしゃんとしてないと、和服は着られません。

そうでない時代もあったはずだけど、いまは世間が容赦しません。(笑)

ま、痛みでエビ化してるうちはともかく

ずっと ひもが締められなかったら どうしよう。。。。

 

ふだんのワードローブも、変更を迫られています。

締め付けるのはだめで、下着からチェンジ。

他の方のブログにもありましたが、どのみち一気に変えるよりないですね。

いまのところは 弾性ストッキングでなくていいので、

シルクやリネンのレギンスに切り替えました。

おなかを冷やさないように。 それから脚も。

贅沢とは思うけれど もうパンストとはおさらばです。

 

リメイクの服もだんだん数がふえてきました。

整理も兼ね、すこしずつ手もなれてきて

クロゼットを入れ替えています。

頭痛の種だったものは、みな解いて、洗いました。

それだけでも、すっとしました。

初めから、いいものなんてできない。

デザインにしても、手順にしてもそう思います。

 

仕事が始まれば、ワーキングデーのセットが必要です。

最低でも3~4、できれば5。

そのなかでまわしていくのが理想です。

いままでは、それの不完全なモデルしかありませんでした。

浮気したり、けちったり、

なによりトータルで考えることができていなかった。

 

皮肉なことに

人の眼が ふっきれた時に 全体が見えるなんて、さ。

 

結局

いるものが わかってないと

いらないものは わからないものです。

« たなばた☆雨ながれ | トップページ | ガラスの森美術館にて »

ばぶるす」カテゴリの記事

コメント

体にメスを入れるという事は想像外に様々な
ところに変更を余儀なくしなければならない事が
出てくるものなんですね。
私は年齢と共に締めつけが辛くなってきているので
加えて痛みがあるのはどれだけお辛いかとお察しします。

いつも、お優しいコメントありがとうございます。

昔、きものを買うときは、これはずっと着続けられる、と思ってました。
じっさいは、そうそう回数を着るものではなかったけど、まだ先があると。
いざ出かけるとなると、必要に迫られ、それもまた仕方がない、と思えました。
お買い物ができなくなるのは、さみしいものですね。

といいつつ。
午年というのは、目の前のニンジンばかりみて奔る性のようです。
身辺整理のために始めたはずのお裁縫でしたが、なんとなく在庫が増えている気がします。
おかしいですよね。

孫が、ぶよぶよのばあちゃんしか覚えていないとなってはコトです。
陽花さま、お互いに頑張って、いにしえのラインにすこしでもせり寄りましょー。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« たなばた☆雨ながれ | トップページ | ガラスの森美術館にて »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ