« 出遭い | トップページ | 悩ましい旅支度 »

羽織の振り

_mg_1802b_2

羽織の袖丈、かつてはきものより五分ひかえたそうですが・・・・・

 

最近では、三分ひかえがデフォときかされて、あらためて測ってみました。

 

_mg_1804b_2

長着の袖丈が一尺三寸に対して、五分控え。

これは希望ヶ丘で仕立てたもの。

 

_mg_1815b_2

後の二枚は京都で仕立てたもので、三分というより二分に近いくらい。

黒羽織に至っては一分ほどにも見えます。

 

_mg_1800b_2

もちろん、同じ寸法で依頼しているのですが、仕立て時期の流行などもあり、微妙に変化しているようなのです。

 

で、肝心の、振り加減ですが・・・・

Dsc_3131b

_mg_1566b

_mg_0934b

_mg_1768b

なんかもう、わからなくなってしまいました。

厚みだのすべりだの、着方だのによって、サイズは動く気がします。

 

なにより困ったのが、お返事をしなければいけないことで・・・・・・

悩ましいなぁ。

いっそ、おまかせ。

にしちゃえるといいんだけど。

 

_mg_3671b_2

んなこと、できるわけないね!

« 出遭い | トップページ | 悩ましい旅支度 »

ばぶるす」カテゴリの記事

コメント

羽織の袖丈は本当に悩ましいですね。
私はお友達が羽織の袖丈が長いと中の着物の
袖が出てくるので着物より5分控えると教えて
頂いたのでそのようにしています。

こんにちは。
お友達が京都で仕立てたものは2分控えで、
やはり着物によっては(滑りの良い大島とか)袖が出てしまうと言っています。
私も同感、最近仕立てた2分控えは、出ます。
5分控えたらその点は安心ですが、
やはり見た目短かめに見えますよね。
3分?3分のは手元にないのでわかりません。
結論、教えてください。

陽花さま

そうですね、わたしもそう習いましたし、古い本(和裁の本なんて、みんな古いですから)にもそう書かれています。

が、なにも言わずに仕立てに出すと、いまは三分であがってくるのだそうです。
そのわけは、昔ほど帯を上で結ばないこと、またお太鼓も大きくしないからなんだそうです。

そういわれてみると、この先、帯高にすることもなく、お太鼓の厚みももっと減らす気がします。
なにより、気がつかないでいただけで、すでに二枚も五分ではない羽織を持っていたことにびっくりです。
流行って、みえないふうであるんですね。

tanahanaさま

貴重な情報ありがとうございます。
そうですか、やはり三分の波はすでに浸透してるんですね。

振りの画像なんて、あんまりないのですが、こうやって並べると、いちがいに二分だから出ない、というわけでもなさそうです。
下に着る長着の袖の重みもあるし、羽織自体の裏地でも変わってしまう。
着方にも左右される気がします。

今回迷っているのは、大島の袖は、てれんとならない、じゃ、どうするの?という疑問です。
もっとも、今までの経験から言うと、着なれてくると、なじむという部分もありますね。
それにしても、やはりベストのポイントにはしたい。

仕立てのベテランさんでなければ、解決しない気が・・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 出遭い | トップページ | 悩ましい旅支度 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ