« 鼻緒のすげ替えに | トップページ | 桜皮の台にホースヘアを »

冬野のコーデ

Dsc_2023b

鍋焼きうどんを食べに、おでかけしました。

 

猪之鼻庭は、以前お友だちのブログで見て気になっていました。

ぐるなび そば旬彩猪之鼻庭

ぐるなびのアクセスでは、最寄駅緑園都市となっていますが・・・・・

_mg_3472b

谷底のような緑園都市駅からはいあがったあと、

途方に暮れるようなつんのめり坂を降りていかなければなりません。

ので、おすすめはバス。

三ツ境から神奈中にのり、「相模新橋」で下車すればすぐ目の前です。

Dsc_2007b_3

それと、土日は予約をしていった方がいいかも・・・・・

_mg_3480b
ともあれ、ふつうに待つぐらいで、お食事にありつけました。

つきだしのこぶの煮物。味付けがやわらかい。

_mg_3482b_2
あん肝湯葉こんにゃくぬた。

_mg_3487b
ほうとうのような特製幅広ヌードル。 冬季限定だそうです。

_mg_3490b

網代?ふすまがまたおしゃれです。

Dsc_2025b

池には丸々と肥えた鯉さんがいっぱい。

エサをもらえるかとわらわら押し寄せてきましたが、

夫に「冬は食べちゃダメ!」と一喝されて引き返していきました。

Dsc_2029b

久しぶりの結城です。

丸洗い、汗抜きをして、すこしつんつん感がとれました。

羽織を迷ったのですが、夫の意見をたてて、千風に。

だから、まるで冬野の情景になってしまいましたよ。

長羽織のルーズな感覚(着てても脱いでもいい)になれちゃうと、道行を着なくなりますね。

羽織紐の結び方を忘れちゃうから、間をあけないほうがいいし。

ほかにも、奥さまがお着物のご夫婦連れがいらっしゃいました。

この冬は、ずいぶんあちこちで着物姿をおみかけするようになりましたね。

_mg_1544b

羽織下は、短くてで締めづらいんですが、ちりめんのわんぱく坊主。

そういえば、染帯もそんなに苦手じゃなくなりました。

_mg_1547b

緑色津軽の下駄、千鳥の簪、一閑張の籠に二重ネルのストレッチ足袋で。

ストレッチ足袋はたしかに暖かいけれど、照りが好きじゃないですね。埃も吸うし。

ぬめっと足の形がみえるのがなんというか・・・・・

廓足袋(ネル裏キャラコ)は最初は形がわるいけど、洗ってつまってくるとほどよくそいます。

« 鼻緒のすげ替えに | トップページ | 桜皮の台にホースヘアを »

まい こーで 冬」カテゴリの記事

コメント

最初の写真を見て、アンサンブルかと思いました。
よく着物でお出掛けされるので、着姿も気負わず
自然な感じでとっても素敵です。

最近のにっこり笑っておられるお写真は見ている
こちらまでにっこり出来る素敵なお写真ですね。


冬はネル裏キャラコが暖かくて好きです。

なるほど、アンサンブル!
ほんとにおんなじ色合いですよね。

ほめていただき、うれしいです。
お天気もよく、きものを着てちょっぴり御酒をいただけて、いうことない一日でした。

足元が冷えますものね。
去年は用意はしたものの、履いて出かけることができずじまいでした。

先日、あざらしの草履を見かけました。
毛皮は苦手だし、だいいちとても手が届きません。
けど、防寒用の爪皮を工夫すれば、すこし暖かくなるかもなんて考えてました。

大きな縞なんですね、紫がいい雰囲気で
着物って本当にいいなーと思います。

猪之鼻庭の鯉  冬は餌を食べなくていいんですか?
 「そうなんだ!」  そういえばベランダで鯉を飼って
いらしたから くわしいのねー

渋い着物に赤い籠が似合っていますよ。(o^-^o)
 

おはようございます。

はい、もう二十年くらい前に笹野台でもとめたものです。
柄あわせ、八掛選びに始まってずいぶん難儀したのですが、なんだかんだ着ています。

鯉は、連れ合いが若いころから世話してるので、よく知ってるんだと思います。たぶん。(o^-^o)

>籠
ありがとうございます。
おかげさまで、きものバッグの定番です。
かるくて、いいですね。
ふたがわりに、ショールを重ねて持ち歩いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鼻緒のすげ替えに | トップページ | 桜皮の台にホースヘアを »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ