« 初詣と新年会へ | トップページ | 冬野のコーデ »

鼻緒のすげ替えに

_mg_3419b

浅草へ行きました。

暮れの片づけの際に、瑕のついた草履を処分しました。

そこで、鼻緒が派手すぎてもてあましていた

桜皮の下駄を ローテーションに組み込むべく

長谷川商店さんへ出かけることにしました。

問屋さんなので、平日しか開いていません。

が、調べてみると、第二土曜日だけは営業しているそうです。

・・・・って、明日じゃん。

_mg_1496b

しばらくぶりの藍大島。

あー、湿気を含んでますよ。

気兼ねなく着られるのばかり着てたら、そちらが着やすくなったかわりに

大事にしすぎたほうが着づらい、機嫌悪い、と困ったことに。

帯もまたしかり。つづれは締めなきゃ。

_mg_1501b

お店の人がわかりやすいようにあわせたいきもので。

_mg_3421b

お店に入ると、桜皮の台も、津軽もたくさんありました。

最初からここにくればよかったのね。

なじむように選んだのはホースヘアのブラウンです。

持ち込みのすげ替え代は、品代プラス1260円。

目に飛び込んでくるのと、台に合わせて映えるのとはまた別で

ベテランの店員さんにいろいろ聞いたり教わることは多く、

今日一日でずいぶん勉強になりました。

_mg_3418b
こちらの好みをのみこんで、かつその先を提示してもらえる方にであえるとラッキーですね。

注文が混んでいて、二週間待ちになりました。

帰りがけ、あらためてみまわすと、

さっきは見えなかったはずの白木や胡麻竹に目が落ちます。

_mg_3425b

_mg_3426b

_mg_3423b
うーん、またね。

長谷川商店:台東区雷門2-19-1

☎  03-3841-0144 銀座線浅草駅A5出口

_mg_1492b

« 初詣と新年会へ | トップページ | 冬野のコーデ »

まい こーで 冬」カテゴリの記事

コメント

おしゃれな鼻緒ばかりですね。
最近下駄やさんを覘く事がなかったので、
こんなのもあるんですね。

2週間後楽しみですね。

陽花さま

はい、ネットなどで有名なお店ですがセンスのいいものがいっぱいで、
お菓子の家に来たみたいです。

街に履物屋さんがなくなってしまい、途方にくれていましたが
あるところにはあるんですね。

烏表にあわせたのは塩澤紬だとか。
わたし、塩澤持ってないんですけどね。(*^.^*)

お嬢さまはよくなられましたか。
収まればいいですね。

こんにちは。
私もちょうど下駄とお草履がもう一足ずつ欲しいと思い、
近々長谷川商店さんへ・・・と考えていたところです。
ホースヘア、しゅっとしてていいですよね。

ところで振りからのぞく深紅、裏地ですか、お襦袢ですか。
どっきりうっとり。

tanahanaさま

おはようございます。
昨日、電話がかかってまいりまして、出来上がったそうです。
ので、近々平日の時間内に調整に行こうと思っているところです。
都内だと、二度行くことになってもお近いからいいですねぇ。

長谷川さんは、物量の多さで知られていますが、
行ってみてわかったのは、このみのお品物が多かったことでした。
遅まきながら検索をかけてみると、おべにゃんさんやひめさんのコーデのかっこいいこと!
気のすむまでマッチングできるひとときって、至福ですね。
tanahanaさまはどんな組み合わせになされるでしょう。
   
はい、赤く見えているのは紅絹です。
以前から紅絹がすきで、祖母や義母のものをしこたまためこんでいたのですが、
いざ仕立てようとすると、布力のことがあって、見送りになっていました。
何年前でしょうか、京都の知人の工房で手配してくださり、
最後の本紅を手に入れて仕立てたのがこの大島です。

しかし、真新しい紅絹は、やはり色移りが心配で。
ちょうど更年期のフラッシュホットがあったため、なかなか手を通すことがなかったのです。
ことしはこの寒さですから、汗ばむこともないと思って出かけてみたのですよ。
大塚末子さんや、幸田文さんで読んだ、袖のふりの憧れですが、
実際にはけっこう気を遣うものでした。

tanahanaさま

こちらでなんなんですが・・・・・(認証コメが苦手でごめんなさい)

「小股の切れ上がった」、諸説あるのは承知で、最近私の感じていることをお話ししてみますね。
 
わたしも、以前は外から見えるはぎの部分と思っていたのですが、
一年間大人バレエをして気がついたことがあります。
それはね、レオタードを着ていても、先生の眼から見れば、筋肉の動き具合は丸見えということ。
そして、腹筋はもとより、上に引き上げる力というのでしょうか、身体の内側に引き込む力がついていると、ヒップの形まで変わることを知ったのです。
それまでは、生まれつきだとばかり、浅はかにも思っていました。
  
そして、きものというのは、ただの布地です。
本人が意識していなくても、外からかなり明らかに感じられるのですね。
どでっとたれさがったおしりより、きゅっとひきこまれたのに・・・・・ドキドキしますよねぇ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初詣と新年会へ | トップページ | 冬野のコーデ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ