« フレスコ展へ | トップページ | 長屋門公園 秋のたたずまい~はがき絵と菊花展 »

銀座ライオンにて

_mg_2561b

 

七丁目店が正式名称らしいのですが、亭主はかたくなに六丁目と主張します。

 

_mg_2576b
かつての東芝銀座セブンの隣ですから、番地は7丁目だけど、目の前の交差点は6丁目。

だからでしょうね。

_mg_2565b_2
連れ合いは生より瓶ビールが好きと申しますが、ビアホールは別格らしい。

わたしがよく頼むのはハーフ&ハーフ。

_mg_2571b
ここでの定番おつまみは、塩えんどう豆と、

_mg_2570b
ニシンのマリネ。 

_mg_2574b

手前が豚のながーい棒ヒレカツ、奥がプレッツェル。

連れがプレッツェルをオーダーしたのでびっくり。 好きだったなんて、初めて知りましたよ。

ビヤホールライオン 銀座七丁目店メニュー

Dsc_1218b
くだんのそれを口にいれたところ激写されました。あのねぇ。

 

古いビアホールで、異国と昭和のかおりが混在しています。

そのせいか、外人さんがよく似合う。

こちらのほうがトラベラーの気がしてくるから不思議です。

 

今宵は、ぶじに帰還いたしましてよ。

 

 

画像は、連れ合いの撮ってくれた一枚を除き、フォクトレンダー カラスコ28ミリで。

きもの時、雨の日に7Dを持ち歩くのはきついので、一度はライカを見に行ったのですが

ショーウィンドウの前で、Uターンしました。

パンケーキをつける前提でEOSM、ところがすぐにはレンズが買えず、何かと気に入らない。

ひと月前にやっと計画成就したところが、なんとフォーカスエイドなしでした。

ので、目の不調はそのままピンボケ量産です。

が、はずれは多くとも、「写りはするけどキライ」よりいいかな。

« フレスコ展へ | トップページ | 長屋門公園 秋のたたずまい~はがき絵と菊花展 »

まい こーで 秋」カテゴリの記事

OHSHIMA」カテゴリの記事

コメント

私たちも「6丁目の・・・」と言っています(汗)
そう、なんとなく異国の感じ、昭和の感じ、着物もしっくりとなじみます。
私もハーフ&ハーフです~。

かわいらしい横顔。
愛と信頼を感じます
カメラ、お詳しいのですね。
いいカメラが欲しいと思いつつ、ハマると大変なことになりそうなので
しばらく我慢中です。

そうですか六丁目、家人の寝言ではなかったんですね ;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
   
どちらかというと紙カツのあるニュートーキョーのほうがひいきです。
でもビアホールっぽい雰囲気は六丁目でしょうね。
   
詳しいなんて、とてもとても。
必要に迫られて・・・・です。
カメラ本体はともかく、レンズ沼は危なくて有名ですね。
    
ぜひ、ご参入を。 (。・w・。 )

銀座・・一度は行ってみたい所です。
プレッツェルとは何なんでしょう。
一度も経験した事の無い世界の様に
感じる私はおこちゃまかしら・・・
やっぱり飲めるっていいですね~

プレッツェルは、智慧の輪を組み合わせたような形の揚げ菓子ですが、
ライオンでは塩パンといってるようですね。
ちょうど、ニシンの下の写真に、棒ヒレカツの奥に写っています。
こちらは甘くありませんが、  
最近、プレッツェルのチェーン店が流行っているようで、
そばを通るとあまーい匂いがただよってきます。
あの匂いをかぐと、アメリカ、そして
テレビをみながらのどに詰まらせたブッシュ大統領を思い出すんですよね。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。. 
 
配属先が銀座だったので、街では いちばん慣れ親しんだ場所です。
しかし、そのビルが消えて工事中だったのにはたまげました。
なんか、青春の一コマが消えちゃったような・・・・・
街の風景もすこしずつ変わっていきますね。
  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フレスコ展へ | トップページ | 長屋門公園 秋のたたずまい~はがき絵と菊花展 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ