« ようやくカムバック | トップページ | 娘の推した 縞 »

水無月 ようそろ

_mg_0010b

前回に続き、レッスンに着ていきました。

 

_mg_0019b

縞にきりばめの江戸小紋模様です。

帯は波筬。

日傘をさして、とことこ山を下りていくのですが、袖が日差しをさえぎってくれて。

ああ、日本の衣裳って合理的だな、と思います。

そして、ストッキングをはかなくていい。

衿も、教わった角度よりずっと鋭角にしています。

暑くって、やってられませんからね。

身八つからも風はとおりますが、問題は、たぶんお太鼓です。

これが、汗の元凶。

_mg_0018b

まだ痛み止めを服むこともありますが、外見はほぼ気づかれなくなったみたい。

きものは身幅が余るんですが、やや短めで結ぶのにこまっていた帯が、ゆうゆう締められるようになったのがうれしい。

やわらかくなってきたこともあるんですけど。

寸法って、ホント、こわい!

 

 

この日は木曜日。

朝はきものでしたが、夕方からはレオタ。

合間にはお買いものをはさんでいそがしかー。

写真は、レッスンが終わり、希望ヶ丘を一周して帰ってきたところ。

手直しなしですが、着くずれもしてないようです。。。。

« ようやくカムバック | トップページ | 娘の推した 縞 »

まい こーで 夏」カテゴリの記事

単衣」カテゴリの記事

コメント

上品で涼しげ、とってもお綺麗に着ていらっしゃいますね。
寸法がずいぶん変わられたようですね。

まだ痛み止めが必要な時もおありなんですね。
お辛いとは思いますが、見た目が分からなくなって本当に
よかったですね。

おはようございます。
おほめいただいて、うれしいです。

しびれや目や、頭痛などはまだあります。
もうしばらくかかるんでしょうか。

ようやく、何本か抜けてしまった歯の治療にかかり始めました。
先生の大きな手で、がっちり顎を支えてくださるんですが、
「あ、せんせ、そこ、縫い目が痛いんです!」
と、心の中で叫んだりして(笑)
歯医者の先生は、怪我して縫った傷のことご存じないですから。。。。

写真に撮ると、ゆがんでいてほんと落ち込んだんですけど、
ようやく落ち着いてみられるようになってきました。

ブログの写真というのは正直ですね。
怪我の前と後で、表情が変わっています。
鏡でみてると気がつかないんですけれど。

陽花さまも、すこしお楽になれましたでしょうか。
痛さから逃れるのは、時間がかかりますね。
でも、していなかったら、もっとかかったのかもとじぶんを納得させています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやくカムバック | トップページ | 娘の推した 縞 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ