« 東寺散策 | トップページ | ヒルガオの詩 »

石上神宮・初秋

Dsc_6506b_2

お友達と、きもので待ち合わせをしました。

 

_mg_3353b

ところがところが、いろいろ訳あって高速を降りそびれ、交野北まで行ってしまいました。

ようやく探し当てた168号線をひたすら天理目指して走ることに・・・・・ι(´Д`υ)アセアセ

予定を遅れること一時間余り。 ごめんなさい。。。。

_mg_3323b

石上神宮は、物部氏の氏神で、日本最古の神社の一つです。

HPが充実していて、旅行に出る前からぜひ訪れたいと思っていました。

フォトログはこちら。

山の辺の杜から

_mg_3431b_2
社務所に大きな鈴守りがあったのでお聞きすると、奈良の神社にはお参りのとき鳴らす鈴がない。

で、拝殿の奥に四口の鈴が祀られているとお聞きして、さっそくパチリ。(クリックで大きな画像がごらんいただけます)

_mg_3405b

東の参道奥。

あたりの森は、石上神宮社叢として奈良県の天然記念物に指定されているそうです。

_mg_3423b

楼門に、このような飾りが。

 

ひととおり拝観したあとは、隣のカフェ ド レーヴに行きました。

古民家を改造したらしき外観ですが、内装は洋風です。

一時をまわっているというのに、店内はたくさんのお客さんでにぎわっています。

Dsc_6572c

_mg_3445bランチメニューは三種類あり、そのなかの奈良の野菜を使ったものをチョイス。

食前酒(グー!)、サラダ、スープ、前菜と続いてメイン・ディッシュはポーク。

_mg_3445b_2

ロールパンはいろいろな種類があり、焼きたてをおかわりできます。

そして、デザートはおしゃれな洋梨のソルベ。 

最後はドリンクでおしまい。

_mg_3446b

食べログでは辛口の評価が多かったのですが、なかなかどうして、すてきなお店でした。

食事の間に、台風の雨が走り始めました。


ご夫婦ともにとてもおしゃれな装いでした。

たくさんのお心遣いありがとうございます。

またいつかお目にかかりましょうね。

« 東寺散策 | トップページ | ヒルガオの詩 »

まい こーで 秋」カテゴリの記事

コメント

何枚も写真を撮って頂いているのに
私はほとんど撮って無くて、残念な
事をしました。
もっと写真を撮る癖をつけなければ
だめですね。
写真を見ているとその時の楽しい時間を
思い出します。

またお目にかかれる機会があります事を
願っています。
ご家族様にくれぐれも宜しくお伝え下さい
ませ。

わたしもおしゃべりに夢中で、撮り損ねたところがいっぱいです。
山の辺の道も歩いてみたいですね。

最初からお直しをあてにしていくんですから、ほんとにしようがないですね。
ちょっと手を入れていただいただけで、ゆがみも直って感謝です。

旅先できものを着るのは初めてで、ドキドキしました。
でも、せっかくきものフレンドに会いに行くのに、着ないのはつまらないと思って。
陽花さまに組んでいただいた帯締めも、里帰りさせてあげたかったですしね。

昨日も柚豆さまとお話してたんですが、ほんとにきれいな着姿で見とれました。
正統派、すきがないということばがぴったりです。

陽花さまのされていた帯締め、帰ってきてからアップで見るとかわいいこと。
お好きと仰るのがわかりました。

奈良の彼岸花、大和の秋の風情で本当に綺麗でした。
またいつか訪れたいと思っています。

すきがないなど、とんでもない事ですが
おほめ頂き恐縮です。ご主人様のお陰です。

秋をイメージして組んだ帯締めを締めて
きて下さった事も、バレーの事も、柚豆様の
事も色々お聞きしたい事があったのですが、
あの後まだ吉野へ行かれるという事で、時間も
気になって・・・
女同士の話はキリがないですけどね。

またゆっくりお話しましょうね。

ちゃいます、ちゃいます。(*^ω^*)ノ彡
ふたりのスナップは夫ですが、陽花さまシングルのは、わたしでーす。ヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ
でも、なんといっても被写体がきまってるからこそですよ。


じつは、奈良でのスナップがいつもより少ないと思ってたんです。(疑惑)
そしたらね。わかりました。
石上神宮も、大神神社でも巫女さんが美人揃いでですね。そっちばっかり撮ってるんですよ。(証拠は挙がってるんだから!)

ところで、おきもの雨にぬれませんでしたか?
昨日、二枚とも丸洗いに出してきました。
吉野ですこし雨にかかり、表面上は何ともなかったのですが、すこしぼこついてますね、とプロの目はこちらが気がつかないところを見ていました。
洗いついでに、すこし柔らかくなるといいなぁです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東寺散策 | トップページ | ヒルガオの詩 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ