« 定点観測 | トップページ | きゃーっっっ »

蛍の絽に夏博多

_mg_1147b

夏のコンサートがすみました。

_mg_1139b_4

ことしセットと着付けは、近所の美容室でお願いしました。

昨年懲りたのと、どうせなら顔の見える地元でという気持ちが働きました。

約束は七時あがり。 

この写真は、それから十一時間後、すべて終わり、車での往復のあとです。

_mg_1144b

褐返の地に水色と紫の露芝と蛍を散らした絽小紋。

帯は本筑絹鼠の紗。

帯揚げは紫紺とグレー、帯締めは夏虫色の冠。

巫女鈴の帯飾りをさげました。

どちらも手ぐみ紐陽花さまにお願いした品です。

_mg_1143b_2
半衿は淡緑の小千谷、足袋も麻。草履は白地の台に黒の鼻緒で。

簪は翡翠、指輪も緑であわせました。

帯結びは、どうせならお太鼓じゃないのをとの提案で、片羽根の角だし…だと思います。

興味深かったのは、右と左の開きをアンバランスにまとめていたことです。

ふーん。

いつも、苦労して同じにしようとしてたのに、それでいいんだ。

それと、帯締めも藤結びのような感じ。

へぇーっと、こちらも驚きです。

どうせならありきたりでなく、と82歳の現役着付け師さんは自由闊達です。

 

髪は、三十年ぶりの編みこみになりました。

途中で落ちてこないための、美容師さん(娘さんのほう)の苦肉の策です。

ふしぎに、今年は頭が軽かった。

カーラーに手早く巻けるというのと、

窮屈でなく結い上げるというのとは、必ずしもイコールではないんですね。

早起きと会場に着くまでがたいへんだけれど、

商店街の方々の応援を受けての支度を、選んでよかったと思いました。

 

« 定点観測 | トップページ | きゃーっっっ »

まい こーで 夏」カテゴリの記事

コメント

夏のコンサート、無事成功おめでとう
ございます。
芝露と蛍の涼しげなお着物、帯の色も
とっても素敵です。
サイドを膨らせた髪型もよくお似合いです。

12日は大勢でバタバタしていたのですが、
今頃は舞台に立っておられるんだろうなぁと
気になっていました。
お疲れが出ません様に。

おはようございます。
実家に出かけていて遅くなりました。

ありがとうございます。
おかげさまで、無事にすみました。
ことしはたくさんの方におでかけいただき果報なことと思っておりましたが、そうやって遠くからもお気遣いいただき、ほんとうにありがたく感謝いたします。

帯締めを選ぶときは、陽花さまに守っていただける、と思いながら選ぶんですよ。
ことしは、髪型の都合で櫛が挿せなくなり、華やかさがどこにもなかったので、ふと思い出して帯飾りをしました。
長い組みひもが、とても効果的だったと思っています。

みなさまおそろいで、なによりですねぇ。
あんな大きなクルマをゲットされて、お孫さんたちも、尊敬の目でみられたんではないかとほほえましく読ませていただきました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 定点観測 | トップページ | きゃーっっっ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ