« 花冷えに | トップページ | 誕生月のコーデ »

秋名バラ・・・じゃじゃ馬に恋す

_mg_6134b

帯。 ワスレテ・タ・・・・・・
     

すてきだなぁ。

という大島をお召しの方がいらっしゃいました

ご親戚から譲られたという赤と黒の横縞、とてもモダンで、すっきりとしてチャーミング。

いいな。

赤と黒。あかとくろ。アカトクロ・・・・・・

唱えているうちに、なぜかね。

_mg_6133b

だいぶ以前のものと思われる秋名バラ。

いまは、黒に白のシャープなものが主流で、青や赤といってもわずかに差すくらいですから、時代に(着用年齢にも)堂々の逆行デス。

さいしょ、夏物かと思うほど薄手だったので、単衣で着たかったのですが、呉服屋さんが難色を示しました。

いまできでないので、羽織ものにするか、せいぜい袷にしたほうがいいと勧めてくださったのです。

あてがはずれて一冬考え、じゃ八掛は深い深い深紅と決めて出かけましたが、結局、落ち着いたのは黒でした。

深い海老茶もあわせたのですが、かえってぼけてしまうのです。

よけいな色はまぜないほうがいい、ということで。

胴裏は紅絹にしました。

裏も含めて一幅の絵のような気がするから。

本紅の紅絹は、じぶんの分は使ってしまったので、姑の洗い張りを使ってもらいました。

仕立て上がりは、そのせいか、ふんわりと軽い。

 

_mg_6108b

やれやれ、とばかりに肩の荷を下した気になっていたなんて、うかつでした。

帯がきまらなきゃ、着られないじゃないですか。

_mg_6138b

ふしぎなことに、鏡に映ったかげんと、写真で撮った感じがずいぶん違います。

上の花織はもっと色味がでているはずだし、下の博多もぐっと暗いのですが。

_mg_6143b

置いただけではわからない、締めてみないとという典型ですが、くたびれちゃったのでここまで。

あうと思った帯が色がはまりすぎてためらったり、テイストがずれたり。

このところ、帯のすききらいが、どんどんはっきりしてきています。

何に合わせても重宝というのはもともと持ち合わせていませんし、じゃ、なにが嫌かというと、きものを従えられない帯ですね。

このなかにも、皮一枚・・・・というのが混じっておりまする。(笑)

さて、ぶじ着こなせるかどうかの一枚ですが、すくなくともわかったのは、

姿勢がことのほかだいじ。

この柄は、角ばった線の連続なので、とても目立つのです。

衿もきっちり抜かないと、もっさりウールになってしまいます。

娘が、「中華屋さんのくたびれたタペストリ」と言ってのけましたが、まさにその危険が満載です。

秋名バラとは、もともとサンバラ=ざるの目からきた模様。

ということは、籠目につうじるものがあると考えられ、節分で使われるように、魔を見るものであったかもしれません。

秋名は、奄美の地名ということですが、「草迷宮」を読んだものとしては、秋谷の地名と音がだぶります。

ググってみましたら、湾のつけねの場所なのですね。 やはり。

   

あとひとつの注意点は、贅肉に弱そうということです。

身頃は折り返すほどたっぷりなのですが、すこしでも余分な力を加えないほうがいい。

というのをヒシヒシ感じます。

がんばろう! ダイエット。

   


ラベルを見直してみました。

地球のマークに手織物、と表示されてます。

わたしは織の種類もマルキもわからないのですが、途中で糸の色が違っているということは、括ったということなんでしょう。

なにより、この軽いきれ、ほそい糸を手で織り上げた、ということにじーんとします。

せめて、これを織っていた時間くらい、身体を整えるのに費やしていいでしょう。

« 花冷えに | トップページ | 誕生月のコーデ »

OHSHIMA」カテゴリの記事

えあ りんぐ」カテゴリの記事

コメント

時折私も人が着ておられる着物に
恋してしまう事があります。

トップの帯との合わせ方、とっても
すてきで私好みです。

陽花さま

そうですか、ありがとうございます。
まだまだお見合い状態で、しっくりするにはもう少しかかりそうです。

素敵に召していらっしるのをみるとほれぼれしますね。
ひとつひとつはなんでもないのに、とりあわせてすてきなのは、なおさらです。

初めまして。秋名バラのこの配色、初めて拝見いたしました。とても素敵です!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 花冷えに | トップページ | 誕生月のコーデ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ