« 祖母たちの昼夜帯 | トップページ | ガラ・コンサート »

春を待つ帯

_mg_3238b_3

ヴァレンタイン・デー。 雨が降り続いています。

 

こちらの記事で拝見して、Amazonで注文した“ずれないけたぼ”を試してみました。

えー、そちらではむちゃかんたんそうですが、なかなか思うようにいきません。

逆毛をたてたいところにどうやって納めればいいんだか。

悪戦苦闘しているうち、帰宅した娘が

「なにやってるの?」

(見ればわかるだろうと思いつつ、)

「うまくできないよー。なんで?」

ぶきようだからでしょ」

あー、身も蓋もない言い方をしをって。

やけくそになってねじった髪の束をベースに串刺しに。

_mg_3228b

_mg_3236b

深く追求されまするな。。。。。

_mg_3191b_2

ここ数年の暖冬と更年期のホットフラッシュですっかり忘れていたのですが、

寒い日にはしっかりしたしぼ高のちりめんがいいですね。

長襦袢もそのようにあわせて

自分が暖かいだけでなく、見る人の眼にも寒々しくないように。

風にはためく足元は、意外と目立つものです。

_mg_3195b

なぜか春の帯を持っていませんでした。

春の花は大好きなのに。

好きだからよけい、妥協できなかったのかも。

 

 

※2/15、春蘭の帯→春を待つ帯に改題しました。

« 祖母たちの昼夜帯 | トップページ | ガラ・コンサート »

まい こーで 春」カテゴリの記事

えあ りんぐ」カテゴリの記事

コメント

春ランはランと言っても地味目な
お花で、目立たないけれどわりと
好きな花です。

髪をまとめるのは本当に得手不得手が
ありますね。
下の娘は自分で器用に編み込みするの
ですが私は不器用です。
後ろに目が無いから出来ないと思っています。

おはようございます。

シュンランはほとんど野草と同じ、だから好きなんです・・・・と、昨夜書きかけてハッとしました。

これ、春蘭というより、待雪草じゃない。。。。。

あわーく、ほんのり差した胡粉らしい白で、「芸術的に」書かれているので、同定はむつかしいんですが。
ま、シュンランという響きが好きで、マツユキソウの花は好き。
わたしとしてはどちらでもいいんですが、ごめんなさい。

きものを着る前に、髪をいじるのが難題です。
母に、後頭部の形はいいといわれていたのを思い出しました。
前髪がふんわりなれば貧相にならないと思うんですが。
私の髪は、美容師さんにあげてもらってもよく落ちてくるので、パーマをかければいいのでしょうけれど。

こんばんは。
素敵なひげ紬。
お花の白が、ふわっと浮いて見えます。

袴の情報、ありがとうございました!
鎌倉のお店、素敵ですね。
お教室にも興味がありますが、ちょっと通える距離でもないのが残念!

でも鎌倉散策に出かけた時には是非寄ってみたいと思います。

おはようございます。
はい。この白に、やられました。


二十年ほど前の話ですが、たしか数色まとめて買ったといってました。
振袖と同じように、そのうちレンタルするといってたような記憶があります。

お教室にご興味があるのですか?
ふんわりやわらかい作風で、せっせとキットをこしらえてましたっけ。
たしか東京でも展開というか、拠点をシフトしたようです。
魅力的な女性ですから、tanahanaさまとお話があうかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 祖母たちの昼夜帯 | トップページ | ガラ・コンサート »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ