« ゆうずう | トップページ | 雪の日に »

色無地 リベンジ

_mg_2729b

 

急に、時間が空いたので・・・・

 

まだ本調子ではありませんが、おさらいです。

以前着た色無地ですが、しまらない着姿でずっともやもや。

あのまんまじゃ、心の天秤がかたむいたままなので

いっちょ、やってみっか。

_mg_2717b

 

しかし、紋というのは目立つものです。

ふだんに出かけるんだったら、羽織を脱げませんね。

_mg_2718b

 

これは、地紋に四季の花が織り込まれているため、生地はやわらかいのですが、

柄部分がみっしり厚く、へたするとぐずぐずになりやすい。着付け時の意外な伏兵でした。

最初は、色のせいかと思っていたのですが、どうやら違うようです。

帯も、効果のために正絹以外の糸が織り込まれていて、締めるときはやや構えますが、だいぶ慣れました。

_mg_2246b
こちらの、まだ締めていないのよりはたぶんらく。

病み上がりなので、しんどそうなのはあっさりはじきました。

 

いったん着られるようになっても 回数を重ねないとだめ、とあちこちで読みました。

週に一度は、着て、アップして、チェックしたいと思います。じゃないと、対象化できないから。

名付けて、airing=虫干し シリーズ

ワードローブに 風を通して、仲良くなって、相性を吟味し、コーディネーションを構築する。

足元がしっかりすれば、いらないもの、つまりは不協和音を整理できるはずですから。

 

 

寒かったり

疲れていたりすると

つい ホットカーペットでまるまってますが

そんなことじゃあ、だめなのよ!ね。

« ゆうずう | トップページ | 雪の日に »

えあ りんぐ」カテゴリの記事

コメント

素敵な紫色ですね。
私は薄紫なので、もう少し濃い色に
すればよかったかなぁ・・と思います。
鶴の帯とよく合っていいですね~

お加減が悪かったのか、まだ目に張りが
ありませんね。
お大事になさって下さいね。

やはりおわかりになりますか?
コンタクトが入ってないので、視線がうつろかもしれません。
顔がぐしゃぐしゃでしたから、これでもましになったんですが。
サングラスが似合う方もいらっしゃいますが、とてもとても・・・・

深い紫はむつかしいと、作ってしまってからつくづく思います。
こうやってみると、鶴の線も紫系ですね。
色無地の着こなしは、思ったより大変です。
とりあえず、今回は、二重太鼓の結び方をわすれないようにということで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆうずう | トップページ | 雪の日に »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ