« 色無地 リベンジ | トップページ | ぼでぃちゃんは ダンシング サンタ! »

雪の日に

_mg_2883b

帰り道で、ぼたん雪がぱふぱふぱふぱふ・・・・・・

 

今日こそはジムへ、と思ったのに、ひざ裏が肉離れを起こしてるようです。

このところ、おなかをこわしたり目をはらしたり、ろくなことがありません。

原因の所在は分かっているので。

仕方がない。

_mg_2857b
歩けなくても、することはあるさ。

袴の自装をしようと思いながら、手に取ったのは鶴の恩返し帯。

ほらー、こんな日にはおあつらえ向きだよ。

_mg_2860b

 

きものって、着方がわかってるだけじゃ、どうにもならない衣服なんだなとこの頃思います。

たとえば、この羽織を着たいとする。

で、その下は?と、帯締めから帯、きもの、長襦袢の色合わせがすらーっと出てこないと、面倒になっちゃうんですよね。

_mg_2876b
いまは、とりわけ、羽織紐とのマッチングが気になります。

やっとこ一次関数が解けるようになったのに、二次関数が出題みたいな。

 

羽織って、女物にはつけたりなアイテムかと思ってたんですが、なかなかどうして。

さる方のお形見、圧倒的に羽織が多かったとうかがって、いまさらながら腑に落ちます。

そしてインパクトが強く、たとえ帯までは合格圏内でも、いっきにぶちこわしもあり得るんですね。

暮に、出先でつくづくと感じました。みすぼらしくならないよう。自戒をこめて。

 

ついでにいうと、寸法は大事です。

いま、危機に瀕しているのは、着るひとを着心地よくきれいにみせるサイズを提示できるお店じゃないかな。

そこまでサポートしていただければ、あとは自身の積み重ね。

ファッションとは、ひっきょうひとと時代とのバランス。

知識の詰め込みと、

場面場面できずきあげたものとは同じに語れない。

 

_mg_2902b_2

夫に「しゃけ」とけなされた「美の花」。

土壇場で、うさぎさんつきの羽織に化けました。

ま、結果、よい落ち着き方だったかな。



_mg_2879c_3

_mg_2879c_2

_mg_2879c

« 色無地 リベンジ | トップページ | ぼでぃちゃんは ダンシング サンタ! »

まい こーで 冬」カテゴリの記事

えあ りんぐ」カテゴリの記事

コメント

やさしい色のお羽織。大人の色ですね。
うさぎさんも、やさしい気持ちになれそう。

アクシデントが続いておいでのようですが、
こういうコーディネートは身体の芯から癒されそうですね。

確かに羽織と中身のマッチングは考え出すとなかなかまとまりません。羽織紐コレクターの友人はいつも紐でうま~く中と外をつないでいます。

今日も、お足もとどうぞお気をつけて。
お大事になさってくださいね。

ありがとうございます。

この表と羽裏、振りから除くのがかわいくて、なんていうことない組み合わせですが気に入った一枚なんです。

羽織紐コレクター。
そうか、やはりそこに行きつくのですね。
つけっぱなしなんて、無精しちゃいけませんね。

お気遣いいただき、恐れ入ります。
きっといきなり負荷をかけ過ぎたんですね。
セーブしながらというのも、加減がむつかしいです。

きょう久々に「遊」さんの所へ行きましたら優しいピンク地に描いておられました。
こういう色はお顔が明るく見えていいですね。
最近は不調とか・・何処が悪くても気分が
すぐれませんね。
お大事になさって下さいね。

大人のピンクですね(゚ー゚)
そういえば、陽花さまも遊さんで染められたのがありましたね。

晩くなって撮ったせいか、見た目よりも明るく写っているようなんですが、きものにしたよりは派手と気にせずに着られる気がします。


病はなんとかと申しますが、だらしないことです。

とはいえ、目と足の故障があるとこんなにつらいものかという体験もして、友人のつらさも味わいました。

ゆうべはせっせとマッサージしてみました。
遅まきながら、ストレッチなどもとりいれて、身体のメンテナンスをしようと思います。
それもこれも、きれいにきものを着るため!!から始まったんですけどね。(o^-^o)

ご心配をおかけして、すみません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 色無地 リベンジ | トップページ | ぼでぃちゃんは ダンシング サンタ! »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ