« 「王朝のかさね色」展 | トップページ | バラ コーデ »

千風

Dsc_3130b

という名の、伊と幸の羽尺です。
 

 

こうやって はじめて全体をみてみるに、玉虫色ですねぇ。


これもまた仕立てあがってみるまで、着てみるまでどう映るかわからない柄でした。

仕立屋さんは、一工程縫い上げるたび店でおかみさんと相談されたとか。 ごっついお手間をおかけしました。

Dsc_3134b

歳がまだ若いからと、衿にこちらの色を持ってきたそうです。

たしかに、反物の時は、あまりに地味すぎやしないかと危惧してました。

Dsc_3129b

どちらかというとコート向き、と感じましたが、羽織にして着たかった。

だんだん、このみがわがままになってきます。(笑)

着たいと思うなかには、すとんとまとえばいいのもあるけれど、

なんていうか、ねじり伏せても、というのに熱くなってしまう・・・・・・

_mg_2165b_2

挿したのは、山百合の櫛。

これについては、いずれ。

 

そうそう、ネルの五枚こはぜを試してみました。

ずいぶん、あったかくなりましたよ。

ネルは、内側が厚ぼったくて、キャラコよりきつめになります。

もうワンサイズ上にしようかとも思うのですが、そうすると足首がゆるゆる。

水通しをして、どうなるかですね。

二重ネルのストレッチと迷ったのですが、静電気が気になってまずは綿にしてみました。

化繊のにゅる、というか ずる、という感覚が好きではないのと、お値段もてごろでしたので。

五枚こはぜになれてしまうと、四枚には戻れず、選択肢が狭まっちゃいますね。

 

明けた途端の長い横揺れでしたが、どうかことしはいい年でありますように。

 

 

« 「王朝のかさね色」展 | トップページ | バラ コーデ »

まい こーで 冬」カテゴリの記事

コメント

トップのお写真で、一瞬素敵なコートと思いましたが羽織なんですね。
光沢のある落ち着いた色目で、丈もいい長さで、こだわられた素敵な一枚がまた増えましたね。このお色は、お着物とも合わせやすいのではと思います。

やはり。いかにもコートっぽい生地なんです。
でも、道行はあるし、道中着にしようかとも考えたのですが、相談した呉服屋さんがめちゃ道中着嫌いで、おススメされなかったんです(・_・)


顔周りを明るくしようとされたんで、背中にグレーのたてがみができちゃって、ちょっと気になってたんです。
照りがあるので、じっさいはまた違ってみえるかもですね。

>お着物とも合わせやすい

そうですか? o(*^▽^*)o
画像を見ながら、小紋のほうがよかったかなと思案してました。
帯も小物も、けっこう気を使う一枚みたいです。

確かにコートかと思いました。
いろんな色が入っていて、懐の広いお羽織ですね。

難しいものと格闘する楽しさ、ねじ伏せた時のうれしさ、わかります。
私もその傾向があり、コーラスでのパートはあえてメゾソプラノを選択。主旋律を歌うことはなく、上と下とを縫い合わせる糸のような役割、やっかいな音ばかりです(笑)

今年もよろしくお願いいたします。

やはり、きもの通の方がごらんになれば、コートと思われますよね。

>懐の広い

なるほど、そんなふうに言っていただいて。
形にしたのですから、がんばって着こなしてみます。

コーラスをされるのですか。
たしかに、メゾソプラノ、アルト、どちらも自身で音が取れないと歌えないパート、それだけに力量のある方が求められます。
tanahanaさまは、そういうポジションにいらっしゃるのですね。
音楽といっしょの生活って、いいですよね。

こちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「王朝のかさね色」展 | トップページ | バラ コーデ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ