« 空色の帯 | トップページ | 綿紬 »

終着駅 マイ・振袖   -其ノ肆拾壱-

_mg_1810b
一区切り。

四十年まえ、ひとめぼれした振袖です。

これに、一度くらい綺麗な文庫結びを締めてみたかったのです。

が、先生のおさらいがまにあわず、なんちゃって文庫風を教わりました。

_mg_1814b
でもね、やっぱり文庫の気高さとは違う。

またチャンスがあったらトライしましょう。

ちなみに、後ろはこんな。前に教わった揚羽太鼓のアレンジといったところです。

_mg_1816b

ベルト結びというのをやろうとしたんだけど、着付けのお客さんが見えたこともあり、ますます悲惨なことに。

先生のお手本はこちら。だいぶ違っちゃったな。

_mg_1802b
この振袖、久しぶりに見ましたが、昔の柄は立ち姿がきれいにあがりますね。

西陣の底力、か。

五十鈴さんには、「別誂えしたの?」ときかれました。

白場にシミが出て、だいぶいたんでいるのですが。

 

もう着られないきものも、こうやって着せ付ける楽しみってありますね。

んー、ネクラっぽい?

ボディちゃん買ったら、お父さんが怒るよなぁ。

 

_mg_1818b

Memo:

縞結城に、紬の帯。

紅葉の帯揚げ。帯締めは鴇鼠の冠。

長襦袢は茜色、半衿はうさ。

髪は手抜き、黒のバレッタ、珊瑚の簪。

雨草履に、行きは木目の羽織、帰りは雨ゴート。

 

_mg_1834b
羽織着たり、コート着たり、着付けしたりの後。

いや、着くずれてはいないから、しばらくぶりの銀座結びの恰好がとれてない。

羽織の季節といえど、結んでないとだめですね。

このセットは、旅行で着ようと思っていた雨コーデ、

おしげなく着られるセットですが、早々の着用とは。

 

_mg_1837b
一年ちょっと続けた着方教室ですが、いったん区切りをつけようと思います。

そんなに上達しなかったかもしれないけど、

雨の日も風の日も、季節のコーデを考えて出かけて行ったのは、ほんとにいい経験になりました。

そして、入用なもの、直すものを洗い出せたこと。

とりわけ、下着についてはずいぶん研究しました。

それから、さる方のブログ記事を参考に、髪型にも目を向けるようになりました。

頭をいじるのが大嫌いなわたしが自力で髪をまとめようと努力したんですから。

もっとも、放出された簪や帯留は、ずいぶんと目の毒になりましたけど。

 

きものというのは、買ってすぐ着る、というものではありません。

どこに依頼するかに始まって、どのように仕立てるか、そして

あがってきたものは、相当の時間をおいて落ち着かせなければ針目が乱れます。

そうして着つけるときにも、ひとつひとつの性格をのみこんで、あわせていってあげないと、きれいには着られません。

洋服だってそうだと思うんですけど、和服の場合はそれがより顕著になりますか。

そうして、どれも同じだったワードローブの中で、主になるものと、いろどりになるものがわかれていく。

この一年間は、そういう時間だったような気がします。

 

まだまだ、着る技術が完成したのではないので、折を見て、べつの方法でブラッシュアップをしつつ、残りの人生の中で装う時間をとっていきたいと思います。

« 空色の帯 | トップページ | 綿紬 »

Вторник<火曜>」カテゴリの記事

れいにぃ★でいず」カテゴリの記事

O! MUSUBI」カテゴリの記事

コメント

薄紫のやさしいお色で、40年の年月を
全く感じさせない素敵な柄ですね。

自装、他装と習われたら、あとは帯結びが
主になりますから丁度一区切りですね。

随分上達しておられるのがブログを
通して伝わっています。
その時々に頑張った事は、無駄ではなく
身に付いていると私は思います。

陽花さま

遅くなってごめんなさい。
急ぎ仕事が入ったのですがレッスンはフルで入っていて、でもやっつけではしたくなく・・・・
昨夜、お届けして喜んでいただけたのでほっとしたところです。

ほんとうはまだまだ未熟で続けたい思いはあるのですが、システムが変わってしまい、区切りをつけることにしました。

夏などは、出かけていくだけでへとへと、ということもありました。
足踏みのような気もしましたけど、まあ回数のうち、と。
条件の悪い時も経験積まないとわかってこないのでしょうね。
そういえば、最近陽花さまの着姿拝見してません。試験が終わったら、お見せくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空色の帯 | トップページ | 綿紬 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ