« 秋風の色   -其ノ参拾弐- | トップページ | 銀座結びとお太鼓系変り結び   -其ノ参拾肆- »

市三郎よろけ縞と献上の銀座結び   -其ノ参拾参-

_mg_1162b

秋とはいっても まだ重い色は気がさします・・・・

朝夕はぐっと冷え込むようになりましたが、昼はまだまだ・・・・

すこし深い紫に、それでも帯はさっぱり、という気分。

_mg_1168b
きょう習った銀座結びですが・・・・

なんかちょっと違う気が。

  1. バランスが悪い。
  2. もともと表情付けがむつかしい。
  3. 柳腰でないと似合わない。
  4. そもそも。。。。。。こんなもん。(爆)

_mg_1175b

ところで、いろいろ悩んで工夫を重ねてきたのに、なかなかうまくいかなかったわけですが

先日、それがどうしてか、やっとわかりました。

なんと、この半年ほどの間に、5kg(・・・いやもっとかも)以上太っていたのです。

 

発端は、あまりの肩こりと頭痛に、整体に行こうか、薬を服もうかとまよっていたのですが、

ダークホースで第三の選択肢、身体を鍛えることに決めました。

いろいろと先を考えると、まだここでしっぽを巻くわけにはいかないと思ったからです。

会員募集の掲示を見て、九月中に手続きを済ませ、さて初日。

体重計に乗って、愕然としました。

あ、ありえない!

デジタルで表示されたその数字の一桁目は、妊娠時以外、わが生涯で存在しなかったフィギュアです。

具合が悪くなるのも、あたりまえ。

いや、具合が悪いからそうなったのかもしれませんが。

いきなり、先祖代々の遺伝あきらめモードから、戦闘モードに切り替わりました。

たとえ敗戦撤退にしても、ね。

ダンスとかも試してみたいけど、まずはこれだけは得意な泳ぎから。

25mがやっとだったのが、50m、そしてさらに100mと息が続くようになりました。

肩の故障が再発してはいけないので、ゆるゆるです。

でも、きょうはちょっとだけ、ダッシュの真似事もしてみました。

体重計の数字は、大台を切るか切らないか、びみょうなところを行きつ戻りつしています。

_mg_1180b

Memo:

渋小豆色の単衣紬に白の献上帯で。

帯締めは蘇芳色の冠、帯揚げは薄桜の綸子。

長襦袢は麻、半衿は薄桜の小千谷(かえる時間がなかった!)

深緑の草履に、髪留めは黒のバレッタ。

 

 

献上が、ようやくなれてきて、へんな波打ちもとれてきました。

よろけ縞の紬も、すこーし、なじんできたかな。

つきあわないと、おともだちには、なれないんですね。

どちらもほれこんだ一点。

なかよくなれそうで、うれしいわ。

趣味枕 趣味枕

販売元:いってんShop 装栄社
楽天市場で詳細を確認する

新趣味枕 新趣味枕

販売元:いってんShop 装栄社
楽天市場で詳細を確認する

 

« 秋風の色   -其ノ参拾弐- | トップページ | 銀座結びとお太鼓系変り結び   -其ノ参拾肆- »

Вторник<火曜>」カテゴリの記事

単衣」カテゴリの記事

コメント

銀座結びは本当に格好物で、慣れないと
難しいですね。
私は普段銀座結びしないので、多分
ぐちゃぐちゃですよ。
お太鼓の山が綺麗にカーブしていますが、
何か入れておられるのですか。

おはようございます。遅くなりました。

>恰好もの。

ほんとうにそうですね。
あれから、ぐぐってみたんですけど、いろいろな銀座結びのあること・・・・

たしかに、教わったような格好のものもありました。

自分のイメージに近いものはとみていったのですが、条件として帯もあるなぁと思いました。
やはり、腹合わせでぼってりと、貝のようにふくらませるときれいになるかなと。
いずれにしても、難易度高!です。

お太鼓の山、
はい、さすがです。

記事につけたしましたが、趣味枕という銀座結び専用の帯枕を使用しています。
気が付かなかったんですが、博多でもきれいな丸みが出ますね。

ずいぶんまえに、どちらにしようか迷って、上のほうにしました。
高さがある分、お太鼓をはらせるのにやや不都合。
新趣味枕のほうがよかったかなと思いますがまーるいふんわり感を出すには、やはり趣味枕のほうがいいかもです。

今週は銀座結びを(先生が、その先生に特訓を受けてくるということだったので)教えていただけるというお約束をしてましたので、おおあわてで発掘して使ってみました。
ガーゼの扱いが苦手なので、そういう意味ではいいと思います。

まぁ、銀座結び用の帯枕があるなんて
知りませんでした。習った頃は、紐や
お絞りタオルをくるくると巻いてガーゼか
ストッキングで包んで帯枕にしていたので、
わりとお太鼓の山はペッタンコで下で膨らむ銀座結びでした。
まったくの勉強不足でした。

それにしても水泳されるんですね。スゴイ!
自慢じゃないけど私は金づちです。
プールで歩くだけでもいいと言われるの
ですが、水着が・・なんですよ。

ええ、うちの先生もそうしてました(笑)。

送料調整もあって求めておいたものなんですが、先日まで違いがわからずにいました。(^-^;

新し物好きなもので、ついいろいろ発掘しては、先生にこれはどうだったと報告している始末です。
この性格は、治りませんね。

わたしは、それこそ自慢じゃないですけど体育がだめで、運動会は死ぬほどユーウツでした。
当日の朝、どこか痛いところはないか、熱はでていないかと必死に探すんですけどね。

ほかになんにもできませんので、つい水泳になっちゃうんですよ。

水の中のウォーキングのほうが、効率がいいと友人が言ってました。
水着、たぶん陽花さまなら○ですよ。
いちど、デパートの水着売り場で試着されることをお勧めします。
専門の方のアドヴァイスは確かですから。
わたしも、昨日、買ってきたところです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋風の色   -其ノ参拾弐- | トップページ | 銀座結びとお太鼓系変り結び   -其ノ参拾肆- »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ