« 名残の明石・・・ | トップページ | 山百合の絽塩瀬 »

秋はじめ

_mg_0812b
単衣に手を通してみました。

 

 

 

まだまだ気をゆるしたわけではないけれど、すこしだけ。

陽の色がね。ほんとうに、人の情(こころ)というものは・・・・・

_mg_0809b
減紫の地に撫子が織り出された絽の帯は、アンティークのお約束、いまどきでない短さです。

きょうは、ねじってみました。ぎりぎり・・・・・

もうすこし、余裕が出るよう工夫しないと、まずいことになりそうです。

 

 

ずっと、白ばかり着た白の時代と、黒ばかりの時とを交互してきましたが、

ゆきつくさきは愁いを帯びたグレー、淡い柳鼠 あたりが地雷のようで、つまりは白に落ち着くということかしら。

ほかの色にも恋をして、ずいぶんまわり道をしましたが、

それでもテーマカラーが定まるなら、これまでの迷いも報われようというものです。

本命がさだまったら・・・・・もう浮気しない?

 

しないかも。

 

 

 

Memo: 

やや緑がかったベージュの縦節紬の単衣に、絽の撫子の九寸。

帯締めは蓬色の冠。 帯揚げは淡いひわ色の絽紗。

長襦袢は麻、髪留めは黒のバレッタ。

 

 

娘に、

「なしてそうふっくら? もすこし、スリムにならないの?」

といわれました。(またかいな)

えぇえぇ、外出の時とは 着用する下着が違ってたり、

しつけがかかったままの紬のはりがあったり、大人の事情はいろいろあるんですのよ。

 

あーたがお相伴させてくれるスイートにだって、多々責任あると思うんだけどねぇ。ぼそぼそぼそ・・・・

 

 

さて。

そろそろ日常に戻りましょうか。

 

« 名残の明石・・・ | トップページ | 山百合の絽塩瀬 »

まい こーで 秋」カテゴリの記事

コメント

素敵な単にアンティークの撫子の帯、
すっごくよく合っていいですね。
短めの帯をこれだけちゃんと結べたら
十分ですよ。

まぁ、ありがとうございます。

はじめはほかのを予定していたんですが、そういえばあれがあったと、二転三転した結果、ジャストの気分になりました。

綴れほどかたくはないんですが、ほとんど締めてないのと、とにかく長さが。
きちんと補正をすればするほど、わずかの差でも帯丈に影響が・・・・・

空気を抜くのができるようになればいいと、頭ではわかっているのですが。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 名残の明石・・・ | トップページ | 山百合の絽塩瀬 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ