« ご近所羽織 | トップページ | 墨流し染め体験 »

さくら   -其ノ拾九-

_mg_9504b

震災の朝に着ていたセットです。

 

るまるフリーの日というのはなかなかないし、

あっても疲れてプレシックということがすくなくありません。

いきおい、用事が重なります。

この日は、実家に行くのでなければ、お守りをいただきに、と思っていました。

どうせなら、きものをきてお出かけしようと。

ところが、髪を整えている最中、まっぷたつに櫛が折れました。

いやぁ。

一生けんめいおわびしながら、紙に包んで神棚がわりの箪笥の上に。

なんとなく今日はでないほうがいいような気がして

お召しに着替え、PCに向かっていたとき、揺れが始まりました。

 

和服だったので、よけい動揺したような気がします。

というか、いつもの自分と、明らかに違っていました。

水槽の水がゆれてこぼれ、おひなさまの屏風が傾き、夫のクーピーペンシルが宙をとぶ・・・

という、ごくごくささやかな状況であったにもかかわらずです。

きてるものによって、判断力って左右されるんですね。

_mg_9491b

さくらが咲いたので、ピンクは・・・と思ったのですが、ま、いっか。

じみかなぁと思った帯ですが、金糸のせいで明るいようです。

 

試験に備えて、

長襦袢から袋帯まで15分でいけそうなことはわかりました。

あとは、そつなくまとめられるかどうかですね。

枝さくらの帯は、締めやすくなったとはいえ、厚地で力が要るのにくらべて、

きょうの帯は薄いのにはりがあって、扱いやすかったです。

ネットで買うのに、厚みまでは想像できないからねぇ。。。。。

 

Memo:

紅梅色ぼかしに更紗型染め小紋。(2007/4)

帯は西陣とみやふくらすずめ袋帯。(2007/12)

帯締めは長春色の冠。 帯揚げは灰梅。

長襦袢は藤色、蒔糊の道行き、臙脂と黒の草履。

 

先週のおけいこは、録音のためお休みしました。

 

« ご近所羽織 | トップページ | 墨流し染め体験 »

Вторник<火曜>」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ご近所羽織 | トップページ | 墨流し染め体験 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ