« 二重太鼓   -其ノ六- | トップページ | マニッシュな紬 »

えらいちがい   -其ノ七-

_mg_7948b_2

わが家の背景とは大っ違い。

な友人宅で。

 

単独撮影というのは、リモコン操作にコツがいるんです。

きょうはシャッターを押してもらって、ちょいとおすまし。

_mg_7951b

リラックスぅ〜♪

 

月末にOB会のお誘いがあって。

ちょっとその気になって、練習をしました。

帯が硬くて難儀なんですが、つづれは何度も締めないと柔かくならないんだとか。

そっか。

やっぱり、現物で練習は正解だったのね。

 

前帯には猫と、かまきりのふたつのヴァージョンがあるんですが、

まずはかまきりくんで。

どのみち、蟷螂の斧がせいぜいだしね〜

 

Memo:

大きな飛び柄大島に、猫のつづれ八寸。

帯締めは龍田ちゃんで、 帯揚げは、苔色。

長襦袢は茜の破れ七宝に、

草履は黒つるばみエナメル(先週の)。

 

« 二重太鼓   -其ノ六- | トップページ | マニッシュな紬 »

Вторник<火曜>」カテゴリの記事

コメント

襟足の、なんといろっぽいことか…。
リモコンで撮ると、自分で撮る分、
タイミングでかたくなるんでしょうか。
ことのほかの笑顔、とってもステキです。
OB会も楽しみですね。

ありがとうございます。
アンティークの椅子がおしゃれで。
きぶんい~気持が反映してますでしょ。

退社以来・・・三十年ちかくなりますか。
あのころは、生涯で唯一痩せてたころでして。
ま、だれも気がつかないほうがいいなぁ。

八掛の色と帯の色うまく合わされて
おしゃれですね。

OB会30年ぶりなんですか。
楽しみですね。
着物で出掛けようと思うと練習にも
熱が入りますよね。
私も以前OB会して下さってとっても
楽しかったです。
なんかワクワクしますね。

あちこち不義理のかきっぱなしで
同窓会には熱心でないんですが・・・・
お会いしたかった三人のうちのおひとりはすでに亡くなられているとお聞きしました。
いまお会いしなかったら、もうないかもしれませんしね。
若いころのじぶんを思い出すのは、かなりイタイんですけど。

最近、いままでになく外出するようになりました。
どうやらきものが、おでかけ動機を活性化してるようです。

追伸です。

頻繁に着るようになってなおさら、
手組みとただ名乗っているだけの帯締めと、
陽花さまの組まれたものとの違いがよーくわかります。
機械組みならまだしも、
ぎゅうぎゅう固いだけのなんちゃって手組みとは
それこそえらい違いですわ。

まぁ、そんな風に評価して下さって
とっても嬉しいです。
組紐はちょっと遠ざかっていますが、
少しずつ再開しようかと考えていた
ところです。
そう言って下さるだけで元気になります。
ありがとうございます。

そうでしたか。
昨年おつくりになられた突発的ひらめきシリーズなども、楽しみにしております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 二重太鼓   -其ノ六- | トップページ | マニッシュな紬 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ