« レイディ・マクベスの夜から | トップページ | 華を »

足袋のサイズ

Dsc_0868b

ビデオをじっと見ていた母が・・・

 

いつになく視線をはなさずにいると思ったら

祖母に、(つまり、じぶんの母ですね) 肖ているというのです。

ただし、目の大きさは違うと言い添えましたが。

 

ことしの着付けはやや気に入らなくて、

教科書どおり綿をいれて、まんまるタヌキになっちゃった。

おまけに、階段のぼると すそを踏む。

のに、足元が丸見えだったのです。

あとで写真をみて、足袋がぼやってなくてほっとしました。

 

上の場面は、リハで夫に注意されたところですが、

母もそこに注目したようです。

 

けっして口外してはならない恐怖と対峙する夫人のクライマックス。

 

えーと。

頭でっかちで、足が小さいせい?

なんにせよ、足を揃えて立ってふらつかないでいるのは

わたしの技量ではちいと無理です。

長く曳いたドレスの下も、同じ情況だったと思いますが・・・・

祖母も同じようにして立っていたと、なんだか遠い目をして母が言うのです。

 

祖母も、頭でっかちで、足がちいさかったかも・・・・・・

いや、まてよ、まさか腹部の相似形のせい???

 

あつらえの足袋なんてのにもあこがれますが、

さいわい、既製品で間に合ってしまいます。

一年を通して福助の五枚こはぜのさらし底、サイズは22センチ半。

着付けのときには、いつも新品の予備も余分に用意していきます。

使うわけではないんですが、保険みたいなものですね。

先日、注文しようとして、ふと気づきました。

だんだん靴も横着して、だんびろゆとりサイズを愛用しているのに、

足袋だけは、昔のまんま。

つまり、靴のサイズより二刻み小さいのです。

手洗いして、アイロンかければ問題ないんですが、

なかにはおちぶれ、洗濯機でガラガラ、アイロンもパスなんてのもいます。

そうすると、さすがにきつい。

もうワンサイズ、あげようか・・・・と迷いました。かなり。

 

アクマのささやきに耳を傾けなくてよかった。

ぶかついた足元なんて、江戸の女の恥ですもん。

 

« レイディ・マクベスの夜から | トップページ | 華を »

ばぶるす」カテゴリの記事

OHSHIMA」カテゴリの記事

薄物」カテゴリの記事

コメント

suzuka様は身長おありなのに、
おみ足小さいんですね。

着丈って本当に重要ですよね。
床すれすれに合わせても紐を締めると
上がりますからね。

ぴっちりの足袋は格好いいですよね。

陽花さま

そうなんですよ、昨年よりだいぶ落ちたかな、という感じです。
あがりがよくなければ、なんのためにお願いするのかわかりませんものね。

映画「写楽」で、歌麿役の俳優さんの足袋がアップになったんですが、ルーズソックスかと思うガバガバで、粋人がだいなし、という場面がありました。

そういえば、先日、妹が録画しておいてくれた「先代萩」を見ていて、肩の縫いつけがどうにも気になってしかたがなかったことがありましたっけ。
役者さんも、ダメだしが出せるといいのですけどね。


俗に、馬鹿の大足まぬけの・・・・というヤツですわ。
バカはけなすようでいて、末は大物の含みもある気がしますが、マヌケのほうは、えばっててもどっか抜けてる、みたいなニュアンスを感じます。
もっともトリはろくでなしでしめるのですから、足の番付はどれもみな平等ということでしょうね♪

あら、つらつら考えてきたら、イキがってたのが、無粋に思えてきちゃったわ。(/ー\*)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« レイディ・マクベスの夜から | トップページ | 華を »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ