« 櫂の滴 | トップページ | ぴじょん・ぶるぅ »

なつのおさんぽ

_mg_4527b

南座で、お芝居を・・・・ 

 

観ようというので、脳内いきなり夏モードに、ゴーゴー♪

 

若いときは、キャンプ(台風をついて)だの、ファミリートレッキング(遭難一歩手前)だのばかり。

ようやく落ち着いて、きもので出かけたいと思っても、意見が合わずにM8級(盾ついたことなどないわたくしが)の事変が勃発したことも。

しぜん、避けて通る話題となっていました。

んなわけで、どちらかというと観劇自体より、べべ着て出かけるほうがウェート高いかもね。

_mg_4523b

せみの翅のように透ける素材、か。

手にとって、つくづくと考えました。

空蝉」で、残していった、ひとえ。

このように、下が透けていて・・・・・・・

源氏は、見抜いていたんですね。 空蝉が、心の底では待ち焦がれていたことを。

だから、男も追った。

字面だけではわからなかったけれど、きれを見知っていた当時の読者は、作者の意図を、ちゃんとキャッチしていたのね。

 

さて、肝心の、南座での観劇ですが。

 

なんと、八月(後半)は、興行ないんですと。

« 櫂の滴 | トップページ | ぴじょん・ぶるぅ »

まい こーで 夏」カテゴリの記事

コメント

すすきにうさぎさんの柄は帯?ですよね。
ステキ、ステキ!色目も・・・わたしも
こういうの大好きです!

この組み合わせ、見ているだけで涼しそう
です。

陽花さま

ありがとうございます。
うさちゃんに一目ぼれしたんですが、すくいなんだそうです。
ようやく仕立ててもらったので、あの、月色の帯揚げとあわせたいと思ってます。
どういうふうになるか、わたしもワクワクです。

うふふ…べべ着て出かけるのは
「おなごの本能」でおじゃりまする。
なんと涼やかな組み合わせ。
ウサギさんが「きっと着てね」と言ってます。

南座は8月後半はなにもナシ…なんですか。
空蝉の風情で、花見小路など散策なさりませ。


とんぼさま

おかえりなさい。ごぶじで何より。

うささん、二年ほど冬眠してたんですが、春に遊さんで芯を入れていただきました。
ふっと思いついてあわせてみましたが、よさげですか。
いちどは、きれいにきこなしてみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 櫂の滴 | トップページ | ぴじょん・ぶるぅ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ