« 四月の空いろ | トップページ | 中味 »

れーんしゅ!

_mg_3994b_2

いつまで人をたよっていてはいけません。。。

 

夏。出先でひとりで着付けられるように。

とにかく! 練習しかありません。

それに出先でなくたって、たんびお世話になってるようじゃ

自分で機会を減らしてるようなもんです。

 

お正月に惨敗した大島を引っ張り出しました。

なんだか、裏(紅絹)のほうがふっくらしてる気がするのよね。(襟を折りながら) だから、なんで、ふくらむの?!

 

初めてバティックを締めてみました。

あらら、長尺にすることなかったかも。

帯締めは、エーデルワイスちゃん、

こういう場面でもいやな顔ひとつしません。

_mg_3996b

似たような帯揚げがあったのでそろえましたが、

梅鼠などでなじませてもいいかも。

写真に撮るとかなり青が目立ちますが、実際は地色に融けこんでいます。

面白い柄ですよね。

はじめのうちギクシャクしてた二枚刃の下駄も すっかりなれました。

からん ころん

じつは着てから シャッターを押してくれる人がないのに気がつきまして。

いくらなんでも素足では出られない。

あとからの足袋の追加は、なかなかにやっかいです。

(あーん、シワになった) (゚0゚) 

 

・・・というわけで、人を頼らぬためにと開始した練習は、

しっかり人のお世話になって終了したのでした。

(謝謝)

   苦難の道は、まだまだつづく。。。。。

« 四月の空いろ | トップページ | 中味 »

まい こーで 春」カテゴリの記事

OHSHIMA」カテゴリの記事

コメント

素敵な着姿ですね。帯もすてき!
小物の色合わせも綺麗に決まって
いますね。
今から練習されたら夏にはバッチリですね。

帯を締めてから足袋をはくのは結構きつい
ですよね。私も経験あります。

着々と…ですね。
よかったですよ、帯の色目も。

「あとタビ」は、きついですー。
万が一のときは…ぜーったい、ずぇぇぇったい
だれーにも見せられませんが、
一番したのおこしまで、全部広げてはねあげ、
「いやさお富~」のよささんスタイルで、
胡坐をかいてはく…。
ラクにはけますが、自分で泣けてきます。

陽花さま

ありがとうございます。
陽花さまプロデュースの帯締めさんたちがきてからというもの、いままでちょっとな・・・・といった帯たちが言うことを聞いてくれます。

また、ひらめいた!というのがあったら、組んでくださいね。

そばによるといろいろあるんですけど、撮影者がちょこっとあらを隠してくださったんですよ・・・・(笑)

とんぼさま

お世話になりました。

組み合わせただけでは、え?というようなのでも、じっさい着付けてみるといける、というクチ。
写真に撮っておくと、あとでこの帯揚げが、とか半衿、どんなのがいけるとか、最強の助言者になります。

あとタビ、じつは多いんです。
その気じゃなかったのに、急に気が変わるんですよね。
昔の人は言いました。まず、足袋と。
つくづく。ただしい!

が、帯をまいてるあいだに時はながれて、
あのときのじぶんじゃなくなっちゃうんですよ。
だから、切られ与三。なるほど~

わたしは、カラダが硬いせい、と考えてたんですけど、
あとで前身頃の横皺を発見して、ギョ!でした。
つぎからは・・・・( ̄▽ ̄)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四月の空いろ | トップページ | 中味 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ