« 大人の時間 | トップページ | かなぶんカラー »

夜椿・・・

_mg_3722b

黒と金の意匠・・・・?

まさかね。

 

椿の紋様はいまが時期、 というのをほかで読んで、そういえば・・・・

1970

と とりだしたのが、これ。

いくらなんでもこのまんまじゃあ、と上田さんで洗浄してもらいました。

が。花芯の珊瑚がわざわいして、強い洗いがかけられません。

真珠でもOKというタイプを試していただきましたが、ほとんど効果なし。

あとは、こまかい細工が落ちないように気をくばって磨くしかないことが判明しました。

こういうこともあろうかと、用意しておいたミガキコ。

アモール

古い胴裏につけて、胴の部分をこすったところ、なんとか奇麗になってきます。

ではではと、花びらを、綿棒でコシコシ・・・・・

二階からめぐすり

無心の時間が ただ過ぎてゆきます。。。

_mg_3708b

このへんで、時間切れになりました。

残りは陰影ということにして きりあげたのですが

なんと 髪にさすと、つきでてしまう。

逆毛を立て、ふっくらさせたシニヨンでないと、ただのひっつめには長すぎる。

しかたない、そういえば櫛もありました。

_mg_3714b

ついでに、こちらも螺鈿の部分をみがいてみました。

命綱も、しっかりつけて。

主役は鈴の帯留なんですから、結果、髪はひかえてもいいでしょう。

_mg_3666b_3

そうそう、こちらも精出して・・・・・

_mg_3629b

がんばりすぎたせいか、紅い鈴のはちまきが、すこし薄くなっちゃった・・・・

 

 

雨に降り込められた午後、

ベビー綿棒で とりのこした部分をみがいているのですが、

 

なんというか。

ほんとに、みがいてよかったんでしょうか。

宵にまぎれた黒つばき、そちらのほうが風情があったげな。。。。。

 

もはや、ゆきつばきになりかわり候。

 

« 大人の時間 | トップページ | かなぶんカラー »

びいだま」カテゴリの記事

コメント

難しいところですよね、きれいにするって。
古色蒼然がよかったり、
ちょっときれいがよかったり…。
でも、ちょうどいいあたりでおさまったんじゃ
ありませんか?椿さんステキです。
鈴さんはかわいさが倍増しましたねぇ。
何度見てもこの帯と相性ピッタリです。

おしゃれなかんざしですね。
随分前に銀製品は朱肉で磨くと
綺麗になると聞いた気がしますが、
こんな磨き粉があるんですねぇ。

私もとんぼ様と同じくこの帯に
鈴の帯どめ本当によく合うと思います。

とんぼさま

そうですか?ありがとうございます。
髪に挿せばいいとは思うのですが、
単体の意匠としては、ややパンチがなくなったような・・・・

ひょっとしたら、銀の酸化じゃなくて、わざわざ黒を塗ったのかも、なんて思ったんですよ。
難しいところですが。

鈴は、じっさいにつけるとは思ってなかったんですが、こうしてみると可愛くってね。
大きすぎると思いましたが、どーせなら、度肝を抜くほど大きいのもわるくないですね♪

陽花さま

朱肉ですか?
それは初めてうかがいました。

昔、銀製品をひたしておくとピッカピカにしてくれる液体をもってたんですが、すこしずつ蒸発してなくなってしまって。
ちょっとにおいがきついので、また買う気にならないんです。

これは、簪や帯留めのメンテナンスについて書かれている方のブログを拝見して知ったんです。
楽天だと送料が高いんですが、↑で買うと、送料込みのお値段なんですよ。
もともとは、時計をみがくコンパウンドだそうです。
同じ所で、銀をみがくクロスも扱っています。
ケーキサーバーの持ち手が、すぐ黒ずんじゃって。
洗ってやるだけでもすこしちがうんですけどね。ちょっとのくもりなら、消しゴムでも(砂消しは傷がついてダメ、MONOのようなタイプで)、でもやはり奇麗さは・・・・

そういえば、昔、10円玉を一晩コーラにつけておくとぴっかぴかになったって話、ご存知でしたか?

・・・ほかのものは、ちょっとこわくてできないですけど。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大人の時間 | トップページ | かなぶんカラー »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ