« ようやく やっと | トップページ | 髪のもの »

きんとと・・・?

Img_2601b

古典的といえば 古典的。

うーん。

モニターのせいか。。。。。

 

きんぎょのような気分じゃふ。

 

絞りって、遠目には地味にみえる。。。。。

P.S. ニュアンスが違うようなので、自然光の写真と差し替えました。

きんとと・・・・緋鯉さんかいな。

燃えるようなオレンヂ。orz

« ようやく やっと | トップページ | 髪のもの »

まい こーで 冬」カテゴリの記事

OHSHIMA」カテゴリの記事

コメント

鹿の子だけだと、どうしてもそうなりますね。
柄があるとぜんぜん違うんだけど、
鹿の子は「地」しかないから、
洋服で言うと細かい水玉と同じ効果ですよねぇ。
そのかわり、少々派手な色でも着られるわけで、えへへのものでもあります。
いいなぁ絞り…。
あっ、あの私がお話しした黒猫さん、
やっぱりあのお宅の飼い猫さんでした。
おうちの中にいるのを確認しましたー。
足が何本か白かったです。タビ履きさんですね。

とんぼさま

レトロ生一本、
あけて とびあがったくらいの紅赤でございます。
ところが 離れると・・・の妙。

どこにもないよ、こんなの。
と、胸を張って言えます。(★頭痛★)


シャアは、旅猫してるんでしょかね・・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ようやく やっと | トップページ | 髪のもの »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ