« またもどって・・・ | トップページ | どっちがどっち »

薄物

Img_9527b

かげろうの羽のようなぬの・・・

Img_9536b

きのうは、朝から結婚式がたてこんでたそうで、びっくりしました。

ふだんは貸し切りに近い美容室も、本格的に稼働しています。

迷惑だったかな~と思いましたが、ちょうどお手のすいた時間帯だったらしく ずらりと留袖の準備してある着付け室で着せていただきました。

はじめの一手順で、思わず

「あ、トクしちゃった~」

と、口に出ました。

花嫁着付け専門の着付け師さんであることは、ひもの締め方ですぐわかります。

まよいなく、やり直しなく、すべて一度で決まっていくのです。

月の帯は、前帯に一か所しか刺繍がなくて、逆に締めないと柄が出ないのがわかっていたので、そう伝えると、昔はそういうのが多かったとか、京都のあたりはそうだとか、いや、別段そうと決まってるわけではないとか、会話が弾みました。

夏衣だったのが珍しかったんでしょう、ほめていただきました。

「また着てくださいね」

壁に準備してあったのは、みな袷でした。

 

やっぱりこっちのきものにしてよかったみたい。

 

<追加>

帯の柄のご要望ですが・・・

Img_9475b

なかなかご希望のスナップがなくって・・・

Img_9475c

前帯でごかんべん。。。

 

« またもどって・・・ | トップページ | どっちがどっち »

まい こーで 夏」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。
ピシリ!…ですね。いや涼しげ~。
帯の柄のアップも見たいー。

着付け師さんも、ピンきりですから、
幸運でしたねぇ。
それにしても、やっぱり今の季節でも、
留袖は「袷」なんですね。
絽の留袖持ってる人が着てったら浮く??

おぐしも綺麗に結われ、とっても素敵な
着姿ですね。
着ているご本人は暑いでしょうが、透けて
見える感じが涼しげでいいですね。
今頃ホッとされているのでしょうか。
お疲れが出ませんように・・・

とんぼさま

帯のアップ、アップしました。
途中で着替えてしまったので、写真、少ないんですよ。(涙)

ひとめぼれしただけのことはあって、気に入ってます♪


手品のようにすらっと・・・・が、だいえっとのおかげならいいんですがねえ。

絽の留袖は持っていても、ほかの列席者、とりわけ花嫁と合わせるとなると、持っていてもご遠慮、となるようです。
目のまわるような暑さに、袷とはね・・・・・

季節にあわせた装いのほうがオリジナリティのある記念写真になると思うのですが。
 
汐汲みの留袖、着てみたいと思ってます。
問題は、あわせる帯ですね。。

陽花さま

すぐ、洋装に着かえるので、違和感のないスタイルでとお願いしました。
前から見ると、ひっつめとかわらないんですが、後ろから見ると、華やかですね。
さすが、プロ。

もっとも、この姿はあだ花みたいなシンデレラ。
365日は、みなさまの見慣れた姿に戻ります。

もったいない気もするけど、せめてこういう瞬間もあると、自分自身に言い聞かせたいと・・・

いろいろあって、きょうはどんよりしてます。
吐き気もしてましたが、いまはおさまりました。
ま、わたしのようなものには、落ち込むのも、クスリの一種ですわ。
 
たぶん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« またもどって・・・ | トップページ | どっちがどっち »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ