« 朽葉とあずき | トップページ | きごこち »

どれぐらい

Img_8269b

夫の母はきものがすきで

ひととおりのものはこしらえたと聞く。

大またに十歩あるくと とびだしそうな新居への初めての訪問は 

質も品もいい藍大島で、ついみとれたのを覚えている。

五十肩で ひとりでは帯が結べなくなり 

手伝いが必要になってからはだんだん着なくなった。

 

Img_8277b

 

わたしも

あとどれぐらい着られるんだろう。

いつかは、どころじゃなく

いつまで、と考えたほうがいいのかもしれない。

 

Img_8274b

 

手持ちの帯揚げを八掛にみたてました。

芥子。藍。葡萄色。

とうぶん、悩みそうです。

« 朽葉とあずき | トップページ | きごこち »

まい こーで 春」カテゴリの記事

コメント

ほんとうですね~
悩むのも楽しみのひとつなんですが・・・
どれを合わせても素敵だから尚更ですね。

suzuka様の年齢なら芥子色もいいですね。
藍と葡萄色は落ち着いた感じで、ず~っと
いけますしね。

このお着物に締めてみようと思われる帯を
合わせてみたらどうでしょう。

陽花さま

ありがとうございます。
ぱっと見、模様の藍しか思い浮かばなかったんですが、いやいや、そんな安直な・・・とこねくり回したのですが、自信がなくて。
そうですか、おかしくないですか。
鶯なんかも、いいかなぁとは思うのですが。

帯、そうでした。
ところが、、、、
ふしぎなくらい浮かんできません。
あら。え?

うーん、こちらもぼつぼつ考えませう。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朽葉とあずき | トップページ | きごこち »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ