« いちごさん | トップページ | すゞごころ »

むらさきの

Img_8170b_2

  紫の にほへる妹を 憎くあらば

  あかねさす 紫野行き 標野行き

 

萌える草、透明な陽光、呼応するウィット。

あー、こんな女性(にょしょう)になれよかし。

 

紫色の帯締めが届きました。

むらさき、としか呼びようのないその色は

ふれると クク、と鳴るほどしっかりと組まれています。

つやつやにかがやく糸のながれは はじめからそうなのではなくて

根気よくなだめられ 梳(くしけず)られてそろうのだと

最近になって知りました。

そしてはじめて ひかるのだということを。

 

陽花さま、ありがとうございました。

糸が届きました・・・

糸さばきから・・・

お振袖用の帯締め完成です

« いちごさん | トップページ | すゞごころ »

ぷりん de スモモ」カテゴリの記事

コメント

帯の紫、帯揚げの紫とよく合って
いいですね~
かぐや姫、紫式部、そんな雅な雰囲気を
想像させてくれる素敵な組み合わせですね。

陽花さま

ありがとうございました。

昔、振袖が若紫で、帯は白をあわせたのですが、上品ですけどパンチが足りませんでした。
なにかの折に、グリーンの帯をあわせたらこちらのほうが映える気がしてびっくりしたものです。

この水いろの振袖、何色があうのやらとまよいぬきましたが、遊さまのところで、みなさまのおかげでみつけていただいた紫、襲でいうと「葵」にちかいのでしょうね。
黄金カップル、というところです。
そして奥さまにいただいた「帯」のいろというヒントも大きかったですねぇ。

おかげさまで、娘らしい取り合わせになりました。
ひとつひとつ色をあわせ、アドヴァイスをいただき、そうやって作り上げていくのだということを覚えていてくれればいいなと思います。

おかげさまで、間に合いました。
ほんとうに、ありがとうございました。

そうそう・・・

額田王はモテモテでしたが
うちの嬢やは、樟脳ばっちり虫チカヨラズでございます。
まあ、蓼喰うナントカといいますから。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いちごさん | トップページ | すゞごころ »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ