« メモリ不足 | トップページ | むらさきの »

いちごさん

753b

ちいさいころから おべべを着せられるのを苦にしない子で、

みっつのときも、2枚のお振袖をとっかえひっかえ着せられてゴキゲンでした。

終ってからも、よく 「またいちごさんやろー」と言ってましたっけ。

「七五三」が「イチゴさん」になってたんですね。

どちらも大のお気に入りだったわけです。

753a

付け下げの反物、柄のかわいいのを四つ身に仕立ててもらいました。

共八掛になるよう、柄合せをお願いして。

留袖とおなじくらい仕立て代がかかりましたが、いまならその理由がわかりますね。

セットでないので、長襦袢も用意しなければなりません。

一つ身を二組持っていたので、一枚の長襦袢の広袖を無双に直しました。

なんて、あっさりいくわけなく、そのころ友人と習っていた和裁の先生に手取り足取り。

半衿は、地柄のかわいいのに花びらを刺繍、これは楽勝でした。

帯揚げは背中を縫いこみ、帯締めと末広は買いたしました。

はこせこも友人が貸してくれたような気がするのですが、写ってませんね。

しごきは、母の嫁入りの時のもの。

すこし(いや、かなり)長すぎて往生しました。

草履はわたしと妹の履いたもの、まだきれいでしたから。

そういえば、この草履は、晴れ着といっしょに親戚を一周して戻ってきたものでした。

昔は、それがあたりまえでしたね。

バッグは三つのお祝いのとき、夫の母がいっしょに買いに行ってくれました。

セットでないものはあまり数がなくて、たまたまひとつだけバラになったものがあり、気に入りましたがかなり高めでした。

どうしようとためらっていると、母は「次は買えないかもしれないから」といって、買ってくれました。

大切なバッグです。

成人式も、これでいけるんじゃないかしらね。

帯も高島屋で。

毎年、七五三のあとの「呉味の市」では、処分品がどっと出るので

翌年孫のお祝いを控えたおばあちゃんたちが張っています。

そのあいまをかいくぐり、金通しのグリーンの地に花鳥の柄を織り出したものをゲットしてきました。

きものがふつうの七五三柄でないので、帯もテイストをあわせるのがちょっとやっかいでしたね。

本番前、座布団をまるめて胴に見立て、ふくらすずめの練習もしました。

厚すぎないので扱いはらくでしたが、友人が、どうせなら着付けの先生に結んでもらいなよ、と橋渡しをしてくれました。

年に一度、地区センターのサークルのおまつりがあって、デモンストレーションで着せていただけるというのです。

いま思っても、感謝ですね~

いちばんに着せていただいた娘が、そのあと何をしたかというと

もちつきのところにとんでいって、つきたてのおもちをほおばり、はては・・・

753c_2

上の写真で、髪にひらめいている大きなおりぼんは、友人の手作り。

この日のために、プレゼントしてくださいました。

実際のお参りには、後日、わたしが着せて近くの神社に連れて行ったのですが、

はて。その写真がない!

探してみましたら・・・・・・在所だけは探知しました。

ダンボールに二箱、まだアルバムに貼っていない山が。

ああ~ どうしましょう。

« メモリ不足 | トップページ | むらさきの »

ぷりん de スモモ」カテゴリの記事

コメント

お嬢様の七歳参りの晴れ姿すてきですね。
大人の付け下げで共八掛になるよう考え
られるなんて、さすがは凝り性のsuzuka様。
小さい頃の舌足らずの言い方ってほんとうに
可愛いですね。

陽花さま

ありがとうございます。

いえいえ、ほんとのところ、四苦八苦して算段せざるを得なかったからなんですよ。。


このころ生糸が暴騰し、懐にやさしい絹が手に入りにくくなったのです。

「しかたがない、これを染め直すか」
とやまいちさんが取り出してきた反物。ひろげてみたら、手描きの胡蝶蘭でした。
せっかくの画、とても消してしまうなんてできなくて。
また、そういう経過でもなければ、はじめから切りきざむというのも、なかなかできないですよね。

そういうわけで、ぽんとらくちんで手に入ったのでない分、
思い出はいっぱいあり、わすれてしまわないうちに娘に伝えておこうと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« メモリ不足 | トップページ | むらさきの »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ