« 鈴鹿の山に | トップページ | メモリ不足 »

あーかいば

Img_8070b

きちんとしてお出かけするのがキライなわけじゃないけど。

ただ、そのときはもう段取りの一部になってて。

それよか、 きれにきれを重ねたり

ちゃちゃっとぬいだり着たりを繰り返してみてるときが

たのしいっちゃ 楽しいもんで。

Img_8115b

思い立ったら 衣装敷きをひろげ

きものに帯、ついで小物と帯揚げキットを投げ入れて

ぱっぱか結び、確認のセルフ撮影がすんだらおしまい。

帯締めを、解いちゃいます。

この間、ざっと30分かなぁ。

あとにはおさだまりの百花繚乱、色、彩、いろ・・・の水たまり。

きものと長襦袢はさぼすのですが、

これがついつい長びいて、しばらくお部屋のタペストリーになってたりします。

かたちがくるうから、ほんとうはいけないんですけどね。

それでも、つくづくと またなにげなく目にしてるうちに

なんだか、その色合いが体に入るような気がします。

記憶の倉庫。

(嗚呼、海馬じゃありませんよ)

しみとおった情報は、さらにちょっとずつなじんできて

やがてお友達になれるような気がする。

 

ちゃんと着よう、とは思うのですが、これがなかなか。

若いときとは 違いますね。

着付けの試験用に、こんなボディさんをこしらえたら

合格率が急落するんじゃないでしょか。 難易度:高。

がまちゃんよろしく、脂汗でやせれりゃね。

« 鈴鹿の山に | トップページ | メモリ不足 »

ばぶるす」カテゴリの記事

コメント

実は私も今日は、着物に帯に長襦袢、
帯揚げ、帯締め色々出したはいいけれど
部屋中ごっちゃになったら、アァ~片づけが
とため息が出ました。
おまけに孫たちの七五三の着物や小物まで
置いてありますから、散らかりようも半端じゃない!
片付けながらこれは半衿を付け替えなきゃとか
袖口が汚れているわとか思うと出したり入れたりで・・・疲れましたわ。

陽花さま

陽花さまのような方でも、まえもって試し着をされるんだとお聞きして、そうなんだ。。。

やっぱり、奥が深いですよね。
腕のいい着付け師さんほど、いろんなシミュレーションをしながら着せてくださるようです。
つぶやきとか、視線のいきどころとか見ていると、次に気をつけなければということがあぶりだされてきます。

一方、わたしのはいいかげん。ただ、まずいところだけはみつかるので、どうしようか、という突合せみたいなもんです。

ああでもない、こうでもない・・・がスッキリしてしまうと、なんだか、気がぬけて。わるいクセですが。


お孫さまのまであると、ほんとにたいへんな量ですね。それも、4人同時なんて、いまの時代、めったにないのでは。
一度に全員を着付けたら、(6人プラスご自身)のびてしまわれませんか。
壮観でしょうね。

久しぶりに着る着物は、身幅や丈を忘れて
しまっていますから、前もって着ておかないと
短時間で着られない事になってしまうんですよ。忘れるって恐ろしい~・・・

七五三はどちらの孫も同い年なもので、
いつも日にちをずらしてもらっています。
一度にだったらきついですね~
幸い下の娘は着付師持っていますから
自分で着てくれるからいいですけど。

陽花さま

それではお参りされる場所も別のところかもしれませんね。

雰囲気も場所によって違うかしら。
お写真楽しみにしてます♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鈴鹿の山に | トップページ | メモリ不足 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ