« 朧月夜に・・・ | トップページ | 鈴鹿の山に »

桜花には

Img_8020b 

かほりがない。

缺点ともいえるそのことが なおさら夢中にさせるのだろうか。

Img_8025b_2

蕊の色でもまにあうようだけれど。

ちょおっとシブすぎましょうか。

Img_8032b

この紫が、たまたま帯揚げとも同じです。

若い人の紫は、きっと決まっているのでしょうね。

« 朧月夜に・・・ | トップページ | 鈴鹿の山に »

ぷりん de スモモ」カテゴリの記事

コメント

合わせておられる帯締めもいいと思いますが、
お振袖の帯締めは、もう少し太めにして
おられる方が多いですね。
金とか銀を少し入れても華やかになるかと
思うのですが・・・

可愛い半襟ですねぇ
余計な事かもしれませんが、長襦袢に衿抜き布は付いていますか。付いてなければ半襟をつけるまでに綴じ付けられた方が言いかと思います。

陽花さま

はい、そう思います。
手持ちでは色があわず、たまたまあの鬱金がピンチヒッターにはなると気がついたんです。
が、すこうし、細いですよね。

色番は、のちほど。

半衿、仕立て上がるというころから目をつけていたんですが。
つい、白の唐織でも?と日和ったんですよね。(三倍も違うんですもん)
が、Tさまには「ジミッ」と一喝、oさまにも、「もう一色、配色を楽しめる」と書き送られ、背中をどつかれるようにして(笑)決めましてん。

最後は、結び方。
文庫にするか、檜扇もいいなぁと。

書き忘れましたが、そうなんです、これからえもん抜きやら半衿やらのお針が待っております。
こわいのは、針で刺して、しみつけないかと。

娘にさせるのは、もっとコワイですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朧月夜に・・・ | トップページ | 鈴鹿の山に »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ