« ドラえもん? | トップページ | 牛に牽かれて »

あってもよいもの

わるいくせで、ほんとに気に入ったものはつかえないで

つい、二番手、三番手ばかりということが多い。

だいじにしまいこんで、いつか似合う時期が過ぎ

気がついたら とうに古ぼけて使わずじまいということも。

・・・・・・・・・・

なんっにもならないじゃない。

ものは 使わなければ使いこなせないというのが持論

だから家の食器に客用はない。

ふだんから見知って、本質をつかんでないと

いざというときに動けないし、

どの程度のふところかによって ありきたりでない場も生れる。

他ではわかってるのにね。

考えてみると、そのために、ずいぶんと捨てた。

だめなものではない。

あいまいなものを、切りすてた。

わるくはないのだけれど、すきになりきれないものを。

ことばでも、同じ。

石でも、ね。

さて、と。

ほかではできたことが、ここではできてないというのは、

つまりは真剣勝負をしてないということだよね。

いいのだけれど、必要ない。

あってもいいもの、というのはほんとうは

やさしくて、じぶんをだめにする、エレメント。

« ドラえもん? | トップページ | 牛に牽かれて »

ばぶるす」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラえもん? | トップページ | 牛に牽かれて »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ