« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

餅花

Img_6453b

水引のようにきっぱりとした結び目に

かわいい 餅花のようなちりめんのお花がついて

りぼんちゃんが帰ってきました。

Img_6444b_6 飾りというのは、つける場所、

つけた状態でみないとわからないものですね。

白紙の上では、かわいすぎると思われたお花が、

これこの通り 清新なイメージを。

(髪飾りだけはね!)

さすが、和之介さんです。

着付けの練習、タイムもはかって、(足袋が一時行方不明になって、あせりました)

写真撮りながらでも30分以内にすむのを確認。

袴の最後の結びが、おったて結びにならなければ

まあ上出来といったところでしょうか。

 

娘にひきかえて、こちらはしどろもどろ。

Img_6411b 週初めの受験日には

なぜか あちこち障りがつづいて、

一日中、どよん。

そんなやわな

母親じゃなかったつもりなのに。

そして、今日とて 夕方近く、、、

ともあれ、明日は晴マーク。

とんぼさま、陽花さま。ありがとうございました。

りぼんちゃ~ん

Img_6372b

・・・といっても、何人反応するかしら?

ふしぎなもので、いらないようでいるのが髪の物。

これがないと、なんだかすっぴんモードになってしまう。

ただ 一挿し がいいかねぇ。

それが、江戸のをんなの心意気(ちょっとはずれてるけど)。

画竜点睛を 欠いちゃあいけない ヨッ。

このままだと、ばにーさん。Img_6237

ということで、セットアップしに和之介さんへお出かけしていきました。

りっぱなおりぼんになっておいで~

 

ほら、本体!

起きなさいったら~

 

組紐は、こちら 手組みひも陽花 のオリジナルです。

和楽亭関連記事

久しぶりに組紐を・・・  髪飾りを組み始めました

髪飾りのリボン  ひとつずつ順番に・・・

 

 

ねじりはちまき

とりあえず 本はみつかったものの

あー、そうそう 

とは いくわけもなく

ページを繰ってはシミュレーションの時間が続く。

和裁に通っていたときは 身につけるというより

お友だちと顔を合わせるのが目的で

覚えようという気迫が稀薄。

難しいところは先生におまかせ、という

世にもいけない生徒だったので 

ややこしかった感想しかない。

(つくづくと、ごめんなしゃい)

が、そろそろと 

水漏れのようにたよりなくとも

しくみがようやくのみこめてくるにつれ

あああ、あのときのあれはこれかいなと

遅まきながら腑に落ちる。

・・・・・いまさらの 悔悟かな。

Img_6351b 

椅子のくらしにかわって 

さあ くけ台をどうしようと

それも めんどうくささの一因だった。

使いつけは、小学校でそろえたままの簡易タイプ、

このテーブルには挟まらないし、とあれこれ物色して

ふと 椅子のアームに気がついた。

ふむふむ。

年代もののかけはりの、ひもだけとって付け替えたら

なんちゃってくけ台の出来上がり。

ひもは、展示会で使用した名刺ホルダーの再利用で

おさいふにも優しい結果となりました。

さぁぁて。

がんばれ、わたし!

みつかりますた

この一ヶ月あまり 和裁の本を探していた。

二冊もあるし、大きな本なのだから

そのうち とたかをくくっていたのが

待ったなし!にかわり

さきの連休中 さんざんさがしたあげく

買ったほうが早い、と。

が、最短でも五日後という発送は早まりそうになく

もういちど ごそごそ こころあたりをひっくり返す。

 嗚呼~ 

      嗟~ 

          飽~ 

              厭〰〰〰!

さがしものは、労ばかり多い消耗戦。

なんかにいれて、すてちゃったのかな~と

どだんだん気弱になる。

が、そのとき

「ひょっとして、こんなかにある・・・?」

と娘が取り出してきた 一抱えの本は

A3のプリンタを設置したとき

流浪の民となったかたがた。

あった。

やっぱり、ぱふぉーまんすは必要だねー。

ひとりの目より、複数の目。

Img_6311b_4  

さてと。

くだんのお裁縫は、本が見つかったからといって

おいそれとすすむというものじゃないけど。

まあ、三冊もあれば、

この先もきっと 役に立つのであろう。

きもの仕立ての勘どころ―仕立屋の仕事場から

はるかぜが・・・

Img_6243b

通り抜ける。

ひろーい たもとトンネル。

おぉ のぉおお。。。\(◎o◎)/!

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ