« ゆうやけ | トップページ | はらりと »

あのこが ほしい

Img_5150

帯締めと帯がきまったので、帯揚げを注文した。

ネットの画像で決めたのだけど、運よく同系統のものにあたった。

それをみて ふと 新入りの単に 

ずっと無聊をかこっていた 塩瀬の紫陽花を

あわせてみる気になった。

Img_5155

あら。

娘が、きれいないろだね~という。

こないだまでは、ただの頭痛のタネだったのよ。

単品だけでは、どうにもならない

組み合わせで 活きる個性。

人間だって、おんなじかもしれないね。

あなたがいて 生きられる。

あなたのために わたしがいて。

であいが 標(しるべ)となることを。    

Img_5137_3 

あのこが ほしい

あのこじゃ わからん

このこが ほしい

このこじゃ わからん

そうだんしよう そうしよう

 

まとめるのは 

ただ ひとすじの 彩(いろ)。

« ゆうやけ | トップページ | はらりと »

まい こーで 春」カテゴリの記事

コメント

こまか~い縞はめくら縞でしょうか。
帯の花を添えてとっても素敵です。
帯締め、帯揚げの色もよく合って
いいですね~。

帯締めがどうしても合わなくて、
帯から、着物から組み合わせなおす…
そんなこともあるのが着物、
ビタッと合ったときの爽快感、
たまりませんねーっ!

陽花さま

そんなに細かい縞ではなくて、海老色二本線と青みがかった灰色の縞なんですよ。
いままでに考えもしなかったスパルタンな取り合わせで、迷ったんですけど、ほら、「すすんでよいぞ」というお告げがあったものですから。

30年もお蔵入りの、この帯が出てこられたのも、この単衣と、組んでいただいた帯締めあってです♪

とんぼさま

ならべただけでは、これがあうなんて、思いませんよね~
(補正なし、帯板なし、ちゃっちゃと着替えて仕事にいった)ぼろぼろ着付けは見逃していただいて、このまーったくテイストのちがう組み合わせがいきるのは、帯締めあって(ぷらす指導されたアドヴァイザーあって)のたまものと感謝しております。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゆうやけ | トップページ | はらりと »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ