« 托されて | トップページ | 雨の日に »

すずやすず・・・

Img_2716

出会ってはいけないものに

出会ってはならぬとき

めぐり逢うことは ままあるもの。

とおりゃんせは いつも通れるものでなく。

手許に手繰り寄ってきた 帯留はあきれるほどに大きく 

そのはんぱでなさが ふと新たな幻想をいざなう。

定番どおりの白紐の心積もりが

いっそ 左右を染め分けた勁さをあててみたくなる。

ひとつは茜、いまひとつは・・・

(ほしいまま)にぞ 音は鳴りひびかん。

« 托されて | トップページ | 雨の日に »

びいだま」カテゴリの記事

コメント

鈴は、その音で魔を払うとか。神社の鈴は、魔を払い神にお出ましを願う合図とか…。その鈴に魅入られて、きっとシアワセ…。つなぎとめる帯締めは茜と…なんでしょう、楽しみです。

魔をはらう、なるほど。
自分が祓われてしまわないか、ちと不安ですが、
これもご縁。
痛い散財と正気にかえるのは掃いとばし。

あたりまえでない、思いっきりはじけた組み合わせを思案中です。

みえたところで、和楽亭さまに、と・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 托されて | トップページ | 雨の日に »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ