« 雨の日に | トップページ | 暮れて »

瘧(おこり)

まっとうな、

と思えるものがひとつならば、迷うことはない。

おだやかにワードローブのひとつと迎えるはずだ。

なのに。

あやうげと、頭ではわかっているのに

あきらめ切れないものと出会うことがある。

計画は、おじゃん。

一生、着るかどうかもあやしくても

ほれた弱みか。

ああ、いったい、自分の裡の何が呼ぶの。

缺けていると、わかりつつなだめられぬ。

それは、きっと

己が似姿。

狂おしく朽ちてゆく 返り咲きの。

« 雨の日に | トップページ | 暮れて »

ばぶるす」カテゴリの記事

コメント

「返り咲き」…そんならあたしは「狂い咲き」?
あまり執着心のない私でも、
「手に入れておけば…」というものがあって、
似たようなものに出会っても「似て非なるもの」、
あれは、あれが、あのときが「一期一会」かと。
その積み重ねでも、かつて思いの届かなかった
かの人を思うように、思い出すだけでも、
ちょっと楽しくなるのです。

>「似て非なるもの」

ああー、だめです、ますます焚きつけるようなこと仰っちゃあ・・・

なんていいながら、予算にもう一枚加算して、今晩がんばるっかな~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の日に | トップページ | 暮れて »

Calendar

Solo

  • Mushi-Biyori
    (C) 2005-15 Mushi-Biyori All rights Reserved.
  • Pass

Recommend

無料ブログはココログ